O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

研究室紹介(D3辻)

D3の辻さんによる研究室紹介のスライドです.主に,鈴木研の研究内容について説明してくれてます!

  • Seja o primeiro a comentar

  • Seja a primeira pessoa a gostar disto

研究室紹介(D3辻)

  1. 1. 平成24年度 鈴木研オリジナル説明会 2012年版 東京農工大学 鈴木康夫研究室 博士後期課程3年生 辻 真志Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab
  2. 2. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 研究室概略 鈴木先生&梅林先生の紹介 研究内容 就職状況 2 鈴木研オリジナル説明会
  3. 3. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab キーワード:情報・通信・無線・ネットワーク メンバー(敬称略) ◦ 教授:鈴木康夫 ◦ 助教:梅林健太 ◦ D:2名→来年(1名) ◦ M2:7名→来年(4名) ◦ M1:4名→来年(2名) ◦ B4:4名→来年(5~6名)? 鈴木先生還暦祝い@椿山荘 3 鈴木研オリジナル説明会
  4. 4. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 私も最近知りましたが・・・ じつはスゴイ方みたいです 1973年~1990年 東京芝浦電気株式会社 小向工場、各種アンテナの研究開発 1990年~1997年 東京芝浦電気株式会社 総合研究所, 次世代無線端末の研究開発 1997年~2000年 株式会社 東芝 研究開発センター モバイル通信ラボラトリー 室長 鈴木先生の偉業(一例です) ◦ 放送衛星(BS-Ⅱ)搭載用アンテナの円偏波化に関する研究開発と実用化 ◦ 航空管制および航法援助用アンテナの高性能化に関する研究開発と実用化 ◦ アダプティブアレーアンテナの応用展開に関する研究開発 ◦ マイクロストリップアンテナの理論解析と実用化 ◦ 指向性再形成アレーアンテナの研究開発と試作です ILSグライドパスアンテナとターミナルDMEアンテ ILSローカライザーアンテナ ナ 4 鈴木研オリジナル説明会
  5. 5. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 鈴木先生 たまにこわいです・・・ しかし,あとはすべて優しい先生です 怖くなるのは学会前のみです 先生の家でご飯をたべたり, バーベキューをして頂けたりと,とても楽しい先生です 梅林先生 非常にやさしい先生です いろいろ遊びに連れて行ってもらえます 鈴木康夫先生 ワカサギ釣り,飲み会(年齢高め),先生の外人の友達とご飯などなど サッカー好きです 僕より若く見えるかも・・・ 梅林健太先生 5 鈴木研オリジナル説明会
  6. 6. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 無線分散ネットワーク ・ルーティング ・リソース制御,スケジューリング ・同期技術 コグニティブ無線ネットワーク ・ 環境認識技術レイヤ高 ・ 周波数共用技術 大容量・高効率通信 ・MIMO通信 アンテナ ・高効率アンテナ ・アレーアンテナ信号処理 6 鈴木研オリジナル説明会
  7. 7. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 鈴木研究室の取り組み 自律分散ネットワーク技術 アンテナ技術 コグニティブ無線技術 大容量・高信頼伝送技術 ユビキタス社会「いつでも、どこでも、何とでも、誰とでも通信」国 (u-Japan 政策) 企業 (メーカー,オペレータ) 社会 7 鈴木研オリジナル説明会
  8. 8. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab かっこよくない・・・のか? ソフトバンク新30年ビジョンより(P→ペタ10^15) 今でも結構すごい気がしますが,これは入口のようです これまでの有線通信から無線通信へ変わる 8 鈴木研オリジナル説明会
  9. 9. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 9鈴木研オリジナル説明会
  10. 10. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab動画を無線で楽しみたい!しかし・・・ きたなくてよくわか らない・・・ イラ イラ 10 鈴木研オリジナル説明会
  11. 11. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab MIMO技術 高 画 質 な動 画 をを用いて・・・ リアル タイム で !!! e ed p h s きれい!! h ig なめらか!! サク サク ! a l !! go 新世代無線システム(大容量)ではほぼ実装が検討されている 通信路の推定が重要な要素技術 → 鈴木研の検討項目 11 鈴木研オリジナル説明会
  12. 12. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 12鈴木研オリジナル説明会
  13. 13. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab 大問題新サービスが参入する周波数が足りない(新しい建物を建てる土地がたりない) 13 鈴木研オリジナル説明会
  14. 14. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab新規無線システムを立ち上げたいが・・・ 14 鈴木研オリジナル説明会
  15. 15. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab周波数共用技術を用いて・・・ 未来の無線システムのコンセプトを大幅に覆す!! 多次元無線リソース活用技術 → 鈴木研の検討項目 15 鈴木研オリジナル説明会
  16. 16. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab非常にホットなトピック 無線通信・ネットワークはこれからも需要の多い分野 鈴木研の検討内容は、未来の無線通信・ネットワークの 要素技術を生み出す可能性がある 学会でも高い評価を受けている 孫さんの言葉 日本の産業界にとって、ICTの技術が、今後も成長が見込めるド ライバーだからです。 たとえば、国民の多くが望んでいる社会保 障の構造改革、景気対策、高齢社会対策、雇用・労働問題などでは 、ICTが解決のカギを握っています。産業別の純利益で見ても、 トップの「情報・通信」にリソースを集中すべきです。 社会構造 は、農耕社会から工業社会へと移り、情報社会を迎えています。そ して、次世代型の産業では、「製造業×ICT」「農業×ICT」 「漁業×ICT」「電力×ICT」など、ICTが不可欠な技術に なっていくはずです。 16 鈴木研オリジナル説明会
  17. 17. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab大学院生 その他学部生 その他 17 鈴木研オリジナル説明会
  18. 18. Tokyo University of Agriculture and Technology Suzuki-lab鈴木研オリジナル説明会

×