SlideShare uma empresa Scribd logo
1 de 38
誰でもDX推進担当になれる
小さく始めるDX
ディップ株式会社
商品開発本部 次世代事業統括部
dip Robotics 室長
亀田 重幸
プログラマーやインフラエンジニア職を経て、アル
バイト・パート求人掲載サービス「バイトル」のス
マートフォンアプリの企画立案を担当。
エンジニアとディレクターという両側面のスキルを
生かし、数多くのプロジェクトマネジメントを手掛
ける。ユーザー目線を重視した顧客開発モデルを取
り入れ、UXデザイナーとしても活躍。
HCD-NET認定
人間中心設計専門家
(UXデザイナー)
DXとは何か理解を深めよう
デジタル化で取得したデータを活用して
ビジネスを成功させる?
ビジネスを成功させる方法を
説明できますか?
DXで大事な要素は色々あるけど
ビジネスの本質を探る方が大事
DX時代のビジネスモデル
A g e n d a 1
DXとは?
意味を整理してから始めましょう
要するにデジタル化?
凄いテクノロジーが必要なの?
身近にDXの事例は増えてきた
どこがDXなの?
デジ..なんとかばっかりで
よくわからない
データをクラウドに上げる
デジタイゼーション
システム改善してデータを貯める
デジタライゼーション
データを活用してビジネスを変える
デジタルトランスフォーメーション
ビジネスを成功させるので
最終的には儲からないと意味ない
DX ビジネスを変革して儲ける
デジタル化 業務を効率化して自動化
どこから着手すればDXに近づくか?
ビジネスの課題を見つけること
DXのビジネス構造を理解する
DXのビジネス構造
利益
販売価格
仕入れ
コスト
− =
ビジネスで利益を上げる方法
DXのビジネス構造
販売価格を上げる
仕入れコストを下げる
DX ビジネス構造を3つの視点で変える
①ビジネスモデルを書いてみる
DXのビジネス構造
カネとモノの流れで
ビジネスで何をしたいかわかる
ビジネスモデル考察
ビジネスモデル考察
ビジネスモデル考察
ビジネスモデル考察
ビジネスモデル考察
DXのビジネス構造
②ビジネスの改善ポイントを見つける
吉野家メソッド
参照:https://www.ccbji.co.jp/plant/kyoto/process.php
調理工程
調達
肉を煮込む ご飯を盛る 盛り付ける
肉を買い付ける 米を買い付ける
工程を減らすと
提供速度が上がる
=納期(はやい)
牛を和牛に切り替える
=品質(うまい)
工程を減らすと
時間が短縮する
=コスト(やすい)
例)牛丼の提供までをビジネス目線で考えてみる
ビジネスを理解してDXを成功につなげる
ワークショップを体験

Mais conteúdo relacionado

Mais procurados

Design for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャ
Design for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャDesign for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャ
Design for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャSatoru MURAKOSHI
 
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015Satoru MURAKOSHI
 
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」Shigeyuki Kameda
 
Engineer marketing career bar2021v4
Engineer marketing career bar2021v4Engineer marketing career bar2021v4
Engineer marketing career bar2021v4Cybozu, Inc.
 
Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-
Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-
Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-Tomoyo Hirayama
 
Prototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピング
Prototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピングPrototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピング
Prototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピングShunsuke Kawai
 
未経験でPMとして転職したらこうだった
未経験でPMとして転職したらこうだった未経験でPMとして転職したらこうだった
未経験でPMとして転職したらこうだったEri Koike
 
Service design changes organization
Service design changes organizationService design changes organization
Service design changes organizationNaoka MISAWA
 
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたらもしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたらYoshiki Hayama
 
テクニカルトレーナー
テクニカルトレーナーテクニカルトレーナー
テクニカルトレーナーCybozu, Inc.
 
Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX Design
Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX DesignLead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX Design
Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX DesignTakashi Sakamoto
 
プロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツールプロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツールtheguild
 
PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋
PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋
PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋it-innovation
 
株式会社IDENTITY 会社概要資料
株式会社IDENTITY 会社概要資料株式会社IDENTITY 会社概要資料
株式会社IDENTITY 会社概要資料IDENTITY Inc.
 

Mais procurados (20)

Design for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャ
Design for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャDesign for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャ
Design for Understanding:理解のデザインとしての情報アーキテクチャ
 
20150806_UXnama_Goodpatch
20150806_UXnama_Goodpatch20150806_UXnama_Goodpatch
20150806_UXnama_Goodpatch
 
SDGC2018 redux Iwasa
SDGC2018 redux IwasaSDGC2018 redux Iwasa
SDGC2018 redux Iwasa
 
20180814 serv des.2018_sd_nmeetup_share
20180814 serv des.2018_sd_nmeetup_share20180814 serv des.2018_sd_nmeetup_share
20180814 serv des.2018_sd_nmeetup_share
 
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
対話からはじまるデザインプロセス:UX Japan Forum2015
 
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
AI開発しくじり先生から学ぼう「失敗しないAI開発の秘訣となる仮説とは?」
 
Engineer marketing career bar2021v4
Engineer marketing career bar2021v4Engineer marketing career bar2021v4
Engineer marketing career bar2021v4
 
Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-
Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-
Graphic VR -World of Creating VR by Designer!-
 
Prototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピング
Prototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピングPrototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピング
Prototyping for micro interactionマイクロインタラクションのためのプロトタイピング
 
未経験でPMとして転職したらこうだった
未経験でPMとして転職したらこうだった未経験でPMとして転職したらこうだった
未経験でPMとして転職したらこうだった
 
Design Confidence | Designship 2018
Design Confidence | Designship 2018Design Confidence | Designship 2018
Design Confidence | Designship 2018
 
Service design changes organization
Service design changes organizationService design changes organization
Service design changes organization
 
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたらもしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら
もしプロダクトマネージャー・プロダクトチームにUXリサーチのメンターがついたら
 
テクニカルトレーナー
テクニカルトレーナーテクニカルトレーナー
テクニカルトレーナー
 
LeanUX とこれからの HCD
LeanUX とこれからの HCDLeanUX とこれからの HCD
LeanUX とこれからの HCD
 
事業とUXデザイン
事業とUXデザイン事業とUXデザイン
事業とUXデザイン
 
Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX Design
Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX DesignLead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX Design
Lead the webmasters to future with "IA Thinking" for UX Design
 
プロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツールプロトタイピングの目的・範囲・ツール
プロトタイピングの目的・範囲・ツール
 
PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋
PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋
PMI日本フォーラム2019 講演資料 iti奥田智洋
 
株式会社IDENTITY 会社概要資料
株式会社IDENTITY 会社概要資料株式会社IDENTITY 会社概要資料
株式会社IDENTITY 会社概要資料
 

Semelhante a DXコース_WS_Vol1.pptx

デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKIデザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKIHideki Akiba
 
AIビジネス推進人材育成プログラム
AIビジネス推進人材育成プログラムAIビジネス推進人材育成プログラム
AIビジネス推進人材育成プログラムmunjapan
 
Air事業のデザイン組織とデザイナー
Air事業のデザイン組織とデザイナーAir事業のデザイン組織とデザイナー
Air事業のデザイン組織とデザイナーRecruit Lifestyle Co., Ltd.
 
リクルート式ビッグデータ活用術
リクルート式ビッグデータ活用術リクルート式ビッグデータ活用術
リクルート式ビッグデータ活用術Recruit Technologies
 
SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」
SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」
SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」Nozomu Tannaka
 
DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜
DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜
DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜Yoshiki Hayama
 
実務視点のデザイン経営
実務視点のデザイン経営実務視点のデザイン経営
実務視点のデザイン経営Concent, Inc.
 
自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵
自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵
自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵Sapporo Sparkle k.k.
 
UX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザイン
UX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザインUX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザイン
UX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザインTakashi Sakamoto
 
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-Satoru MURAKOSHI
 
RTTJapan 会社概要 140120
RTTJapan 会社概要 140120RTTJapan 会社概要 140120
RTTJapan 会社概要 140120RTT Japan K.K
 
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdfssuser023d4d1
 
20200624 dll build_update
20200624 dll build_update20200624 dll build_update
20200624 dll build_updateTakuto Higuchi
 
グッドパッチのデザインカルチャーの作り方
グッドパッチのデザインカルチャーの作り方グッドパッチのデザインカルチャーの作り方
グッドパッチのデザインカルチャーの作り方Satoru MURAKOSHI
 
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」naoki ando
 
新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと
新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと
新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと英明 伊藤
 
AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介
AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介
AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介munjapan
 

Semelhante a DXコース_WS_Vol1.pptx (20)

デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKIデザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
デザイナーとしてのHTML5への向き合い方 | HTML5 Conference MIYAZAKI
 
AIビジネス推進人材育成プログラム
AIビジネス推進人材育成プログラムAIビジネス推進人材育成プログラム
AIビジネス推進人材育成プログラム
 
Air事業のデザイン組織とデザイナー
Air事業のデザイン組織とデザイナーAir事業のデザイン組織とデザイナー
Air事業のデザイン組織とデザイナー
 
リクルート式ビッグデータ活用術
リクルート式ビッグデータ活用術リクルート式ビッグデータ活用術
リクルート式ビッグデータ活用術
 
SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」
SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」
SDGC2018報告「ネットビジネスとサービスデザイン」
 
SDGC2018 redux Tannaka
SDGC2018 redux TannakaSDGC2018 redux Tannaka
SDGC2018 redux Tannaka
 
DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜
DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜
DXのためのUX(ユーザーエクスペリエンス) 〜ユーザーとシステムが手をつなぐために〜
 
実務視点のデザイン経営
実務視点のデザイン経営実務視点のデザイン経営
実務視点のデザイン経営
 
自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵
自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵
自己紹介にかえて-変化する企業ITと“ワクワク感” 桑原里恵
 
UX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザイン
UX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザインUX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザイン
UX design for #01 ウェブサイトやアプリを成功に導くUXデザイン
 
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
未来のデザイナー論 -変化するデザイン環境と、デザイナーに求められる変化-
 
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
Developers Summit 2013【15-B-6】開発者の "資産形成" につながる Action とは?
 
RTTJapan 会社概要 140120
RTTJapan 会社概要 140120RTTJapan 会社概要 140120
RTTJapan 会社概要 140120
 
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
0525株式会社デジタルシフトケイパ.pdf
 
20200624 dll build_update
20200624 dll build_update20200624 dll build_update
20200624 dll build_update
 
グッドパッチのデザインカルチャーの作り方
グッドパッチのデザインカルチャーの作り方グッドパッチのデザインカルチャーの作り方
グッドパッチのデザインカルチャーの作り方
 
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
パソナテック Find Your Ability 講演資料 「ディレクターにとってのWeb業界って? 」
 
新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと
新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと
新規サービスの開発中にPoが何かを決断するために必要だったこと
 
Bridge UXからUIへ
Bridge UXからUIへBridge UXからUIへ
Bridge UXからUIへ
 
AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介
AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介
AIビジネス推進人材育成プログラムのご紹介
 

Mais de Shigeyuki Kameda

営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニック
営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニック営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニック
営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニックShigeyuki Kameda
 
『SFA利用率99.9%を達成! 営業になりきるコスプレUXを使おう』
『SFA利用率99.9%を達成!  営業になりきるコスプレUXを使おう』『SFA利用率99.9%を達成!  営業になりきるコスプレUXを使おう』
『SFA利用率99.9%を達成! 営業になりきるコスプレUXを使おう』Shigeyuki Kameda
 
Line ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来について
Line ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来についてLine ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来について
Line ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来についてShigeyuki Kameda
 
いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜
いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜
いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜Shigeyuki Kameda
 
『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?
『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?
『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?Shigeyuki Kameda
 
RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介
RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介
RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介Shigeyuki Kameda
 
【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ
【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ
【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケShigeyuki Kameda
 
UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~
UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~
UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~Shigeyuki Kameda
 
11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」
11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」
11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」Shigeyuki Kameda
 
Machine Learning15 9月ニュース記事紹介
Machine Learning15 9月ニュース記事紹介Machine Learning15 9月ニュース記事紹介
Machine Learning15 9月ニュース記事紹介Shigeyuki Kameda
 
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」Shigeyuki Kameda
 
AIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメント
AIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメントAIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメント
AIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメントShigeyuki Kameda
 
AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?
AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?
AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?Shigeyuki Kameda
 
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?Shigeyuki Kameda
 
第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!Shigeyuki Kameda
 
作らずにポテンシャルを検証する方法
作らずにポテンシャルを検証する方法作らずにポテンシャルを検証する方法
作らずにポテンシャルを検証する方法Shigeyuki Kameda
 
 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」
 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」
 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」Shigeyuki Kameda
 
AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」
AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」 AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」
AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」 Shigeyuki Kameda
 

Mais de Shigeyuki Kameda (19)

営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニック
営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニック営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニック
営業DXを実現するための人と組織を動かすテクニック
 
『SFA利用率99.9%を達成! 営業になりきるコスプレUXを使おう』
『SFA利用率99.9%を達成!  営業になりきるコスプレUXを使おう』『SFA利用率99.9%を達成!  営業になりきるコスプレUXを使おう』
『SFA利用率99.9%を達成! 営業になりきるコスプレUXを使おう』
 
Line ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来について
Line ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来についてLine ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来について
Line ✕ dip LINE CLOVAを活用した未来について
 
いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜
いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜
いまさら聞けない「DX入門」〜デジタルファーストを理解するための第一歩〜
 
『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?
『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?
『Sansan Innovation Summit 2020』営業現場への浸透を実現したDX手法とは?
 
RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介
RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介
RPAを爆進させたDX ディップの事例でご紹介
 
【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ
【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ
【 ディップ ✕ グッドパッチ】DXを実現する上でUXデザインが必要なワケ
 
UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~
UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~
UX視点の新しい業務改善 ~Business Process Design~
 
11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」
11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」
11月 Machine Learning15 「確証バイアスによる仮説生成に注意するとAI開発は上手くいく」
 
Machine Learning15 9月ニュース記事紹介
Machine Learning15 9月ニュース記事紹介Machine Learning15 9月ニュース記事紹介
Machine Learning15 9月ニュース記事紹介
 
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
自慢のAi活用アイデアを30分で潰せる 「AI Lean Diagram」
 
AIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメント
AIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメントAIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメント
AIサービス開発に必要な人間中心設計とプロジェクトマネジメント
 
AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?
AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?
AIの研究開発はインターン生が牽引!優秀なAIインターン生を20名以上獲得したコツとは!?
 
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
AIサービス構築に必要な「h」型人材スキルとは?
 
第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!第6回 Machine Learning 15minutes!
第6回 Machine Learning 15minutes!
 
作らずにポテンシャルを検証する方法
作らずにポテンシャルを検証する方法作らずにポテンシャルを検証する方法
作らずにポテンシャルを検証する方法
 
Cake development
Cake developmentCake development
Cake development
 
 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」
 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」
 第5回 Machine Learning 15minutes! 「オフラインデータがAI発展の鍵になる」
 
AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」
AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」 AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」
AIサービス開発で役立つキュレーションメディア「Ainow」
 

DXコース_WS_Vol1.pptx