O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

RLS Meetup#7 会社紹介

2.245 visualizações

Publicada em

2018年01月24日に開催された『RLSMeetup#7プランナー・サイエンティスト・エンジニア三位一体!年間十数億稼ぐチームの舞台裏』での発表資料です。
https://recruit-lifestyle.connpass.com/event/74957/
リクルートライフスタイル 大石 壮吾

Publicada em: Engenharia
  • Seja o primeiro a comentar

RLS Meetup#7 会社紹介

  1. 1. 2018年1⽉24⽇ グラントウキョウサウスタワー 41階 スカイルーム RLSMeetup#7 プランナー・サイエンティスト・エンジニア 三位⼀体!年間⼗数億稼ぐチームの舞台裏
  2. 2. ・会社紹介 ・リクルートライフスタイルのビジネスモデル ・データエンジニアリンググループの紹介 Agenda
  3. 3. 4.⾃⼰紹介 リクルートライフスタイル デベロップメントデザインユニット データエンジニアリンググループ マネージャー ⼤⽯壮吾(おおいしそうご) 2001年リクルートグループ中途入社。情報誌システムのエンジニアとして入社後、ネットサービスの 開発、新規事業開発などの経て現職。 リクルートライフスタイルでデータエンジニアリンググループのグループマネージャーを担当すると同 時に、グループ会社のリクルートコミュニケーションズにてエンジニア組織の責任者も兼任。 優れたエンジニアとそのチームが収益に直接貢献できるようなプロダクト、仕事、組織を創り出すこと がモチベーション。
  4. 4. 会社紹介
  5. 5. リクルートライフスタイル ビジネスモデルの⼀例
  6. 6. リクルートのビジネスモデル
  7. 7. リクルートライフスタイルのビジネスモデル例
  8. 8. リクルートライフスタイルのビジネスモデル例
  9. 9. リクルートライフスタイルのビジネスモデル例
  10. 10. リクルートライフスタイルのビジネスモデル例 近年は、メディア事業だけでなく、 Airレジなど顧客の業務を⽀援する領域でのビジネスも展開。 ➡ 業務⽀援に対して対価をいただくビジネスモデル
  11. 11. データエンジニアリンググループの紹介
  12. 12. データエンジニアリンググループの紹介 旅⾏事業ユニット 飲⾷事業ユニット ビューティ事業ユニット Air事業ユニット 事業開発ユニット グローバルソリューション事業ユニット WEBマーケティングユニット CRMユニット ディベロップメントデザインユニット テクノロジープラットフォームユニット 事業ユニット 機能ユニット データエンジニアリンググループは 機能ユニット配下のグループとして、 事業横断でデータプロダクトの提供、 施策の実施 営業統括本部 ネットビジネス本部
  13. 13. データ✕テクノロジーで収益拡⼤を実現する 仕組みをエンジニアやデータサイエンティストが磨きつ続けることで収益が直接的にあ がるものを主に指す。例えば、検索結果並び順の仕組みのようなもの。並び順がカスタ マー毎に最適化されることで、コンバージョンが最⼤化し収益を⽣み出す。それらはサ イエティストが作るモデル、エンジニアが書くアルゴリズムやAPIの性能に依存する データエンジニアリンググループのミッション ・低レイテンシ、⾮構造化なデータに対応するデータパイプラインの構築・運営 ・新たなビジネスシナリオに活⽤するためのデータプロダクトの開発 ・収益創出のための施策⽴案と実施 ※データプロダクトとは? データパイプラインを活⽤し、ビジネス成果を創出するソリューションや機能 例:検索結果並び順の仕組み
  14. 14. データエンジニアリンググループには、 ・ビジネス課題解決のための企画や施策を推進する⼈材 ・データ分析・モデリング・機械学習コードを書く⼈材 ・データプロダクト・データ基盤を開発・運営する⼈材 が所属し、三位⼀体、OneTeamで案件を進めている。 データエンジニアリンググループの⼈々
  15. 15. メンバー構成(2018年1⽉現在) リクルートグループでは珍しい 9割以上が社員で構成されたチーム。 複数の役割をできる⼈材もいるため、 実際の仕事は必ずしもこの枠組には とらわれない。 ビジネス 5名 エンジニアリング 12名 サイエンス 4名 実際には⼈数に対して案件数が多いため、 ①直接的に収益貢献できる ②磨き続けて競争優位性が⽣み出せる ③ROIが⼤きい 案件にリソースを集中するようにしている
  16. 16. データエンジニアリンググループに求められる⼈材 ・儲けることにモチベーションがある ・⾼い技術⼒・専⾨性を持ち応⽤できる ・コードを書くこと・テクノロジーが3度の飯より好きである ・PRJゴール達成のためのオーナシップを持ち⾏動できる ・様々な変化に対応できる ・成⻑意欲が⾼い 組織としては進化の途中。 新しい価値を⽣み出し続ける本組織においては、 ひとりひとりがプロフェッショナルであると同時に、 ひとりひとりがプロダクトのオーナーとして、考え、⾏動できる 様々な変化に対応できることが求められる。
  17. 17. 本⽇は、リクルートライフスタイルのデータ系組織のひとつである データエンジニアリンググループが • どのようなチームづくりをしてきたか • プランナー、サイエンティスト、エンジニアの仕事の事例 • データ基盤の活⽤事例 のテーマで具体的にお話させていただきます。

×