O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

今から実践できる㊙スライド作成術

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio

Confira estes a seguir

1 de 168 Anúncio

今から実践できる㊙スライド作成術

Baixar para ler offline

日本国内での技術発表や学生発表など、フォーマルなタイプの発表を想定したスライドの作成術に関するスライドです。


※2015年に某所で行った内容のリメイクになります。
Powered by RadiumProduction

日本国内での技術発表や学生発表など、フォーマルなタイプの発表を想定したスライドの作成術に関するスライドです。


※2015年に某所で行った内容のリメイクになります。
Powered by RadiumProduction

Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Semelhante a 今から実践できる㊙スライド作成術 (20)

Mais recentes (20)

Anúncio

今から実践できる㊙スライド作成術

  1. 1. 今から実践できる ㊙スライド作成術 Powered by RadiumProduction
  2. 2. 本編に入る前の注意事項について 日本国内での技術発表など、フォーマルなタイプの発表を想定 エンタメ系の発表のようなインパクト重視な作成には対応していません。 その方向はクリエイターさんにお任せしたほうが良いと思います。 ソフトウェアの操作方法は基本的に説明しません。 PowerPointでも、Googleスライドでも、Illustratorでも、お好きなものを。 ちなみにこのスライドはPowerPoint 2013で作成されています。 2
  3. 3. 今回の内容 3 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  4. 4. 今回の内容 4 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  5. 5. まずスライドって? たくさんの人に一度にモノを伝える手段 わかりやすさが最優先!! 5
  6. 6. まずスライドって? Why ? 人の感覚は千差万別。 万人が理解できるモノは 限られている 6
  7. 7. まずスライドって? つまり前提は ・極力単純(シンプル)に ・簡潔で誤解しないように ・遠くからも読めるように 7
  8. 8. まずスライドって? 単純でないスライド 8 スライドの情報量が多すぎる 話の流れが不明瞭 色が強すぎる
  9. 9. まずスライドって? 簡潔でないスライド 9 各要素の関係性が不明瞭 配置がバラバラ 単語の意味が説明されてない
  10. 10. まずスライドって? 読めないスライド 10 字が小さい 色が背景に合わない 画像が小さすぎる
  11. 11. まずスライドって? このようなスライドを生み出してしまわないために・・・ 11 わかりやすいを心がける。
  12. 12. まずスライドって? では、「わかりやすい」の本質って? 12 認識にかかる時間の最小化 前後関係の繋がりの明確化
  13. 13. まずスライドって? 情報の伝わり方 13 整理 理解 言葉などの音声情報 スライドなどの視覚情報全情報 受 取
  14. 14. まずスライドって? 14 全情報 情報は減衰する! 全情報を 100 とすると 整理 理解受 取30 10~20 言葉などの音声情報 スライドなどの視覚情報 70
  15. 15. まずスライドって? 15 整理 理解 言葉などの音声情報 スライドなどの視覚情報全情報 受 取 情報は減衰する! 100 70 30 10~20 ここは増やせても ここを増やすのが難しい!
  16. 16. まずスライドって? 16 整理 理解 言葉などの音声情報 スライドなどの視覚情報全情報 受 取 情報は減衰する! 100 70 30 10~20
  17. 17. まずスライドって? 読み手と聞き手のギャップ 17 頭の中の既知情報を 整然と出すのみ 完璧な 理解 今の聞き取れなかった あの字が読めない… 単語の意味がわからない AとBの繋がりは? 読み手 聞き手
  18. 18. まずスライドって? 18 頭の中の既知情報を 整然と出すのみ 完璧な 理解 今の聞き取れなかった あの字が読めない… 単語の意味がわからない AとBの繋がりは? 読み手 聞き手 いいプレゼンとは・・・ 読み手と聞き手の ギャップを埋められるプレゼン
  19. 19. 今回の内容 19 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  20. 20. ストーリーを作る 20 頭の中の既知情報を 整然と出すのみ 全ての内容を 物語として語る
  21. 21. ストーリーを作る 21 本来のストーリーが微塵も感じ取れない桃太郎 お爺さんとお婆さんが住んでいました。 洗濯中に桃を見つけました。中に子供がいました。 桃太郎はスクスク育って仲間と共に鬼を退治しました。
  22. 22. ストーリーを作る 22 本来のストーリーが微塵も感じ取れない桃太郎 お爺さんとお婆さんが住んでいました。 どこのどなた?何してるの? 洗濯中に桃を見つけました。中に子供がいました。 洗濯機の横に桃があって、近所の子でも隠れてた? 桃太郎はスクスク育って仲間と共に鬼を退治しました。 桃太郎 is 誰。あと鬼って何?現代じゃなかったの?
  23. 23. ストーリーを作る 23 本来のストーリーが微塵も感じ取れない桃太郎 お爺さんとお婆さんが住んでいました。 どこのどなた?何してるの? 洗濯中に桃を見つけました。中に子供がいました。 洗濯機の横に桃があって、近所の子でも隠れてた? 桃太郎はスクスク育って仲間と共に鬼を退治しました。 桃太郎 is 誰。あと鬼って何?現代じゃなかったの? ただし、「桃太郎」の話を知っている人なら 今の3行でもストーリーは 脳内で補完できるはずです。 意味不明です。
  24. 24. ストーリーを作る 24 これが前節で見た、「読み手と聞き手のギャップ」です。 「桃太郎」のストーリーを知ってる人にはわかる話でも、 ストーリーが排斥された文章は ストーリーを知らない人には、なんのことかわかりません。
  25. 25. ストーリーを作る 25 これが前節で見た、「読み手と聞き手のギャップ」です。 「桃太郎」のストーリーを知ってる人にはわかる話でも、 ストーリーが排斥された文章は ストーリーを知らない人には、なんのことかわかりません。 「桃太郎」を「プレゼン」に置き換えてみてください。 今から初めて行うプレゼンです。 最初からストーリーを知っている人は、 この世に何人いるでしょうか。
  26. 26. ストーリーを作る 26 誰もが初見になるプレゼンでは「ストーリー」は必須 ストーリーの目的 全体像の把握 誤解の防止 前後関係の理解 次のスライドから作り方→
  27. 27. ストーリーを作る 27 これがないと 起承転結がうまくできない。 ↓ 脈略のないスライドに まず、大枠の流れである章と節を作る
  28. 28. ストーリーを作る 28 スライドは起承転結の順番である必要はない。 ただし、起承転結について
  29. 29. ストーリーを作る 29 例:卒業研究の発表 目 的 ・ 問 題 提 起 概 要 背 景 提 案 手 法 先 行 研 究 ・ 事 例 要 件 定 義 ・ 実 装 結 果 ・ 考 察 比 較 ・ 実 験 評 価 ・ 結 論 ・ 展 望
  30. 30. ストーリーを作る 30 例:卒業研究の発表 目 的 ・ 問 題 提 起 概 要 背 景 提 案 手 法 先 行 研 究 ・ 事 例 要 件 定 義 ・ 実 装 結 果 ・ 考 察 比 較 ・ 実 験 評 価 ・ 結 論 ・ 展 望 起 承 転結
  31. 31. ストーリーを作る 31 例:新バージョン機能の発表(一例) 機 能 の 紹 介 概 要 前 作 の 問 題 提 起 前 作 と の 比 較 新 機 能 の 技 術 紹 介 優 位 性 の 紹 介 現 状 の 対 応 状 況 機 能 用 途 の 具 体 案 評 価 ・ 結 論 ・ 展 望
  32. 32. ストーリーを作る 32 例:新バージョン機能の発表(一例) 機 能 の 紹 介 概 要 前 作 の 問 題 提 起 前 作 と の 比 較 新 機 能 の 技 術 紹 介 優 位 性 の 紹 介 現 状 の 対 応 状 況 機 能 用 途 の 具 体 案 評 価 ・ 結 論 ・ 展 望 起結 承 転結
  33. 33. ストーリーを作る 33 例:このスライド 前 提 概 念 の 提 起 概 要 方 向 性 の 確 定 テ ク ニ ッ ク 紹 介 2 テ ク ニ ッ ク 紹 介 1 テ ク ニ ッ ク 紹 介 3 運 用 2 運 用 1 ア ド バ ン ス ド
  34. 34. ストーリーを作る 34 例:このスライド 前 提 概 念 の 提 起 概 要 方 向 性 の 確 定 テ ク ニ ッ ク 紹 介 2 テ ク ニ ッ ク 紹 介 1 テ ク ニ ッ ク 紹 介 3 運 用 2 運 用 1 ア ド バ ン ス ド 起結 承 転結
  35. 35. ストーリーを作る 35 結承結 結承起転 結承転結 起転承結 承起承転結 など・・・ 他にも
  36. 36. ストーリーを作る 36 ・SDS法 ・DESC法 ・FABE法 ・TAPS法 ・PREP法 etc… で検索 もっと構成について詳しく知りたい!
  37. 37. ストーリーを作る 37 全ての節でこの作業をして スライドのドラフトを作る 次に作った章、節に沿って 白紙のスライドに要素となる用語、文節を叩き込む
  38. 38. ストーリーを作る 38 全ての節でこの作業をして スライドのドラフトを作る 次に作った章、節に沿って 白紙のスライドに要素となる用語、文節を叩き込む この時にスライドを俯瞰し、以下の点について確認する 初出の専門用語や用語の統一の有無 前後スライドとの脈絡の有無 誤解の発生する可能性のある言い回しの有無
  39. 39. ストーリーを作る 39 図やイラストにしたほうが 重要なところが伝わりやすい 最後に、文節を図に置き換えたり、複数のスライドに分ける
  40. 40. ストーリーを作る 40 先程でてきたこのスライド、 図に置き換えられるでしょうか。 実際に考えてみましょう。
  41. 41. ストーリーを作る 41 例えば・・・ 対比の図になりそう?
  42. 42. ストーリーを作る 42 例えば・・・ この辺りのピクトグラムが使える? =わかる =わからない
  43. 43. ストーリーを作る 43 組み合わせて・・・ こんな感じになりました。
  44. 44. ストーリーを作る 44 これが前節で見た、「読み手と聞き手のギャップ」です。 これ知ってる・・・ 桃太郎の話だ! ストーリーを知ってる人 ストーリーを知らない人 脈略もなく 支離滅裂だなぁ・・・
  45. 45. ストーリーを作る 45 ※ただ今回のスライドの場合は・・・ SlideShare掲載スライドで、登壇者の口頭説明がない →スライドだけで全てを説明する必要がある という事情により、あえて文節のままとしました。 この辺の詳細は次節にて・・・
  46. 46. ストーリーを作る 46 ※国際発表の場合 →宗教的、文化的観点から人物、しぐさを想起する画像 また不必要な宗教的画像は扱いに気を付けた方が無難 文化の違いでいらぬ誤解を与えかねないので…
  47. 47. ストーリーを作る まとめると ・ストーリーが理解を深める ・一度大枠を決め、ドラフトを作る ・文節はなるべく使わない 47
  48. 48. 今回の内容 48 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  49. 49. 情報の載せ方の違い よくある通説 49 スライドって1分1枚が 目安って聞くけどほんと?
  50. 50. 情報の載せ方の違い よくある通説 50 スライドって1分1枚が 目安って聞くけどほんと? デマです。
  51. 51. 情報の載せ方の違い 都市伝説レベルの大嘘です。 51 スライド 一枚何分 | 検索すると・・・
  52. 52. 情報の載せ方の違い 52 xxx.co.jp スライドは1枚3分が黄金比! スライドの時間を気にしている人は実はあまりい ないが本当は1枚3分が最高かつ至高であり・・・ yyy.com 10分プレゼンなら10-20枚がいい スライド枚数は1枚で30秒-1分を原則として考 えます。この少ないスライドの中でどのよう・・・ スライド 一枚何分 | zzz.jp スライドは最大1枚4分までで作る 一枚のスライドにかける数は最大でも4分程度 と見積もりましょう。これ以上になってくると・・・ ※実在するサイトとは一切関係ありません。
  53. 53. 情報の載せ方の違い 53 xxx.co.jp スライドは1枚3分が黄金比! スライドの時間を気にしている人は実はあまりい ないが本当は1枚3分が最高かつ至高であり・・・ yyy.com 10分プレゼンなら10-20枚がいい スライド枚数は1枚で30秒-1分を原則として考 えます。この少ないスライドの中でどのよう・・・ スライド 一枚何分 | zzz.jp スライドは最大1枚4分までで作る 一枚のスライドにかける数は最大でも4分程度 と見積もりましょう。これ以上になってくると・・・ バラバラです。
  54. 54. 情報の載せ方の違い そもそも、「1枚何分」という考え方が間違い。 54 じゃあなんで浸透したの?
  55. 55. 情報の載せ方の違い 55 そもそも、「1枚何分」という考え方が間違い。 じゃあなんで浸透したの? 作りやすいから
  56. 56. 情報の載せ方の違い そもそもこの考え方は、スライド初心者の 56 言いたいこと全部入れたら すごい枚数と時間になったよ を、避けるもの。
  57. 57. 情報の載せ方の違い 発表にストーリーがちゃんとあれば大丈夫 57 そもそもスライド制作は引き算。 必要なのは、頭の中の知識から 発表にいらないものを削る作業
  58. 58. 情報の載せ方の違い 58 スライド制作は引き算。 書けないこと 関係ないこと ドラフト これが「言いたいこと全部」 脳内の知識 いらない情報 書きたいこと
  59. 59. 情報の載せ方の違い 59 スライド制作は引き算。 書きたいこと 泣く泣く捨てる情報 発表内容 余計な内容 時間的制約ドラフト スライド 完成!
  60. 60. 情報の載せ方の違い 60 つまり、意識の優先度はー 各スライドの時間出すべき内容
  61. 61. 情報の載せ方の違い 61 つまり、意識の優先度はー 各スライドの時間出すべき内容 但し、最優先は 発表持ち時間 最後にそこは調整しましょう。
  62. 62. 情報の載せ方の違い 62 スライドの公開形式によって生じる 情報媒体としての相違点 Next.
  63. 63. 情報の載せ方の違い 63 A. 登壇者のいるリアルタイムでの発表 B. オンライン配信によるリアルタイム発表 C. スライドにナレーションを入れた動画 D. スライドのみの公開
  64. 64. 情報の載せ方の違い 64 A. 登壇者のいるリアルタイムでの発表 登壇者による説明 有 スライドの視認性 遠いと悪い 聴者不明点の再確認 ほぼ不可 内容のアーカイブ 状況次第 質疑 その場で可
  65. 65. 情報の載せ方の違い 65 登壇者による説明 有 スライドの視認性 画質悪化の懸念 聴者不明点の再確認 ほぼ不可 内容のアーカイブ 状況次第 質疑 状況次第 B. オンライン配信によるリアルタイム発表
  66. 66. 情報の載せ方の違い 66 登壇者による説明 有 スライドの視認性 良 聴者不明点の再確認 可 内容のアーカイブ 可 質疑 基本不可 C. スライドにナレーションを入れた動画
  67. 67. 情報の載せ方の違い 67 登壇者による説明 無 スライドの視認性 最良 聴者不明点の再確認 可 内容のアーカイブ 可 質疑 基本不可 D. スライドのみの公開
  68. 68. 情報の載せ方の違い 68 自分の作るスライドが A~D のどれか、が大事 当然、複数に該当することもある ※このスライドはA,Dを想定
  69. 69. 情報の載せ方の違い 69 マイナスとなる箇所を補うスライドが大事。 A 視認性を最重視 専門用語の説明 B 専門用語の説明 画質低下対策 C 想定Q&A 質問連絡先 D 文による説明 想定Q&A
  70. 70. 今回の内容 70 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  71. 71. レイアウトは単調に 71 スライドのレイアウトは 単純かつ、きれいに並べるのが基本
  72. 72. レイアウトは単調に 72 文章と画像の関連が不明 画像配置がバラバラ 不必要な情報の掲載 悪い例 全体的にゴチャゴチャ
  73. 73. レイアウトは単調に 73 修正例 Leap Motion Controllerの特徴 片手だけで26ポイントの認識 (新型キネクトは片手で4箇所) 本体がとても小さい →PCの前などに置いても快適 ※写真はiPhone4Sとの比較 また、本体が比較的安価(約1万円)というのも特徴 17
  74. 74. レイアウトは単調に 74 Leap Motion Controllerの特徴 片手だけで26ポイントの認識 (新型キネクトは片手で4箇所) また、本体が比較的安価(約1万円)というのも特徴 17 本体がとても小さい →PCの前などに置いても快適 ※写真はiPhone4Sとの比較 画像の整列 文と画像の対応付け 不要情報の削除 ヘッダに情報を整理 修正例
  75. 75. レイアウトは単調に 75 単純化の最大のコツは、 確実に必要な情報以外は載せない ことです。 レイアウト単調化のための
  76. 76. レイアウトは単調に 76 単純化の最大のコツは、 確実に必要な情報以外は載せない ことです。 レイアウト単調化のための 文調を避けることで簡略化可能 いらない(上と重複) この枠もいらない ←本当はこのロゴもいらない
  77. 77. レイアウトは単調に 77 単純化の最大のコツ 確実に必要な情報以外は載せない
  78. 78. レイアウトは単調に 78 ー 昨今におけるロゴ、著者名記載について ー SS撮影→複製、無断転載 が容易な背景 トラブル防止のために入れたほうが無難? (当然、会社規定があればそれに従う。) <イキノコッタ!!
  79. 79. レイアウトは単調に 79 行間について ・極力単純(シンプル)に ・簡潔で誤解しないように ・遠くからも読めるように ・極力単純(シンプル)に ・簡潔で誤解しないように ・遠くからも読めるように ・極力単純(シンプル)に ・簡潔で誤解しないように ・遠くからも読めるように 1.0行 1.5行 2.0行 狭すぎ 広すぎ
  80. 80. レイアウトは単調に 80 改行について ・改行が必要な長い文は、極力スライ ドから排斥すべき。改行を行う場合、 単語の途中は避け、文全体のバラン スを考えて文字数を調整する。 ・改行が必要な長い文は、 極力スライドから排斥すべき。 改行は単語途中は避け、文全体の バランスを考えて文字数を調整。
  81. 81. レイアウトは単調に 81 図の配置について フローは 基本 縦で書く 矢印は ひとつで いい
  82. 82. レイアウトは単調に 82 図の配置について ふたつの図の比較は 横に並べるのが基本
  83. 83. レイアウトは単調に 83 スライドアニメーションについて 一切使ってはいけない。 理由: バージョンによって挙動が変わる 発表中に固まるなど重くなる要因 スライドに質問があった際に面倒 動きの調整に時間がかかる PDFやSlideShareで公開/配布できない 他
  84. 84. レイアウトは単調に 84 どうしても動きが必要なとき GIFを使ってください。 PowerPointのスライドアニメーションはGIFに出力できます。
  85. 85. レイアウトは単調に 85 よくある質問① Q. スライド番号は必要? A. あるといいけど、なくてもいいかも。 「質問の際に便利」と言われますが、 スライド番号でご質問を頂く質問者様には、 著者はまだお会いしたことがありません。
  86. 86. レイアウトは単調に 86 よくある質問② Q. 4:3? 16:9? A. 令和の時代は16:9でもいいかも 昔は4:3でないとプロジェクターの対応率が悪かったですが この5年間様々な会社で見た限り、4:3環境には一度も遭遇していません。 但し、大学の場合まだ4:3環境が多いようです。
  87. 87. レイアウトは単調に 87 よくある質問② Q. 4:3? 16:9? A. 令和の時代は16:9でもいいかも 昔は4:3でないとプロジェクターの対応率が悪かったですが この5年間様々な会社で見た限り、4:3環境には一度も遭遇していません。 これが、4:3の画面範囲です。 縦が広い方が都合の良い業界では 現在でも採用されているようです。 16:9のスライドを4:3の画面で表示すると、 次スライドのように、上下がブラックアウトし、 画面内にスライドのすべてが収まるようになります。
  88. 88. レイアウトは単調に 88 よくある質問② Q. 4:3? 16:9? A. 令和の時代は16:9でもいいかも 昔は4:3でないとプロジェクターの対応率が悪かったですが この5年間様々な会社で見た限り、4:3環境には一度も遭遇していません。
  89. 89. レイアウトは単調に 89 よくある質問③ Q. ヘッダは下でもいいの? A. 下でもいいと思います ただし、下の場合、視点移動(後述)が通常と逆になるので注意。 ヘッダじゃなくてフッターだね。
  90. 90. 今回の内容 90 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  91. 91. フォント・色 91 文字サイズ 最低でも 24pt以上 ※スクリーン投影の場合 このサイズ
  92. 92. フォント・色 92 フォント 時間に余裕があれば、 日本語と半角英数でフォントは変える 可読性より可視性で選ぶ。
  93. 93. フォント・色 93 日本語 メイリオ(Windows標準) M+(フリーフォント) ヒラギノ角ゴシック(Mac) おすすめフォント
  94. 94. フォント・色 94 おすすめフォント 半角英数 Segoe UI(Windows標準) Neue Haas Grotesk(Windows追加フォント) Helvetica(Mac)
  95. 95. フォント・色 95 M+ M+ FONTSで配布されているフリーフォント https://mplus-fonts.osdn.jp/
  96. 96. フォント・色 96 Neue Haas Grotesk Helveticaの元になったフォント イ ン ス ト ー ル 方 法
  97. 97. フォント・色 97 有名どころのフォントは? MS ゴシック 可視性に欠ける MS 明朝 明朝体は可読性に特化。プレゼンに不向き UDデジタル 教科書体 有用だが有料 HG創鋭角ポップ どうして選択肢に?
  98. 98. フォント・色 98 有名どころのフォントは? MS ゴシック 可視性に欠ける MS 明朝 明朝体は可読性に特化。プレゼンに不向き UDデジタル 教科書体 有用だが有料 HG創鋭角ポップ どうして選択肢に? 日本語はメイリオ でいいと思います。 明瞭(Meiryo)の名は伊達じゃない
  99. 99. フォント・色 99 ちなみに・・・ Arial、HG系、MS系など一部Windows/Office標準フォント フリーフォントではない
  100. 100. フォント・色 100 ライセンス規約に引っかかる(であろう)事項 ・OS外での利用(印刷はOK?) ・フォントファイルの改変(Illustrator等でのアウトライン化はOK?) ・ソフト埋込を含むフォントの再配布 ・家庭版/学生版OSでの当該フォントを利用した商用データ作成 参考: https://albalunaweb.net/knowhow/3863.html
  101. 101. フォント・色 101 色 同じスライドには4色が限度と考える スライド全体で8色以内 ※このスライドは黒,青で2色のカウント(ヘッダは無視)
  102. 102. フォント・色 102 色 攻撃的な印象があるので少し彩度を落とす 真っ赤、真っ黒は避ける ※このスライドは黒は15%を利用しています。(38,38,38)
  103. 103. フォント・色 103 色の決め方 普通の文字に使う、背景に混ざらない色 多分だいたい黒系 1. メインカラー 強調したい文字に使う 赤系はこのあと使うのでそれ以外 2. ポイントカラー
  104. 104. フォント・色 104 色の決め方 注意や最重要項目などの特に大事なところに 背景にもよるが、赤系が目立つ 3. エンファシスカラー ヘッダ、図形の背景などに 背景及びこれまでの色に被らない色ならなんでも 4. バックグラウンドカラー
  105. 105. フォント・色 105 色の決め方 ヘッダとか図形の中の文字 バックグラウンドカラーに対して目立つ色が必須 5. フォワグラウンドカラー 強調したい図形の色 6. エンファシスバックグラウンドカラー
  106. 106. フォント・色 106 色の決め方 8. スペアバックグラウンドカラー 文字の予備の色 7. スペアカラー 図形の予備の色
  107. 107. フォント・色 107 基本的に下記4色を利用 3 6 7 8 はほぼ使わないと考える 1. メインカラー 2. ポイントカラー 4. バックグラウンドカラー 5. フォワグラウンドカラー
  108. 108. フォント・色 108 色と強調の使い方 スライドごとに大事なところを 適宜太字にし、特に大事なところは色を変更 また、下線なども有効。 スライドの他の部分とのバランスで決める
  109. 109. フォント・色 109 正しい強調のつけかた 文字を囲うと 全体がゴチャゴチャ 色を変えることで 強調箇所がスッキリ 影をつけると 文字が見にくい 文字の大きさを 変えるのは有効
  110. 110. フォント・色 110 色弱の方への配慮 色弱・・・成人男性の20人に1人 50人いれば2-3人は色弱。 ※女性は500人に1人くらいだそうです
  111. 111. フォント・色 111 色弱の方への配慮 多いのはP型とD型 P型・・・赤に対する感度がない。もしくは弱い D型・・・緑に対する感度がない。もしくは弱い
  112. 112. フォント・色 112 色弱の方への配慮 見え方の違い(一例) C型(正常) P型 D型
  113. 113. フォント・色 113 色弱の方への配慮 ・同じ明度の赤、緑は避ける ・濃淡をクッキリつける ・色以外の情報(形、模様)で区別 詳しくは カラーユニバーサルデザイン|
  114. 114. 今回の内容 114 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  115. 115. デザインで伝える 115 スライドは全てにおいて わかりやすさ優先 何度も反復して伝えていること ※重要要素は複数のスライドで 反復しての紹介が大事
  116. 116. デザインで伝える 116 ・単純簡潔なレイアウト(紹介済) ・絵、図など非言語情報の積極的利用(紹介済) ・文量を減らすなど、不要情報を極力削減(紹介済) ・色、フォントなどで可視性を高くする(紹介済) これ以外の要素について本節にて・・・ わかりやすいデザインとは・・・?
  117. 117. デザインで伝える 117 本節のトピック ①視線誘導 ②まとまりを作る ③箇条書きを避ける
  118. 118. デザインで伝える 118 絵を描く際によく使われる手法 人の視線を見せたいところに動かす 視線誘導の概念を利用する
  119. 119. デザインで伝える 119 一般的な日本人の視線移動 左から右に 上 か ら 下 に 最初に目が行くのは 左上
  120. 120. デザインで伝える 120 もっと細かく分類すると Z型 F型 \型
  121. 121. デザインで伝える 121 もっと細かく分類すると Z型 流し読みの読み方 全体を流れで把握
  122. 122. デザインで伝える 122 もっと細かく分類すると F型 左上から一行ずつ読む 文章を読むときと同じ Webサイトで 一般的
  123. 123. デザインで伝える 123 もっと細かく分類すると \型 流し読みの読み方その2 いくつかの派生パターンあり
  124. 124. デザインで伝える 124 基本、この流れに従って作る 逆らうと読みにくい。
  125. 125. デザインで伝える 125 視線誘導とは 流れに反し、一番目立たせたいものを最初に見せる 視線の集中→印象の集中→記憶に残る
  126. 126. デザインで伝える 126 サイズによって視線を誘導したスライド 中央に大きい文字が あるので誘導される
  127. 127. デザインで伝える 127 色彩によって視線を誘導したスライド 複数の同じ色は 視線で追いがち
  128. 128. デザインで伝える 128 形状によって視線を誘導したスライド 矢印で視線の流れを 明示的に作成
  129. 129. デザインで伝える 129 明暗によって視線を誘導したスライド コントラストが強い 箇所に視点は動く
  130. 130. デザインで伝える 130 視線誘導により 一番見せたいものを 最初に見せる
  131. 131. デザインで伝える 131 本節のトピック ①視線誘導 ②まとまりを作る ③箇条書きを避ける
  132. 132. デザインで伝える 132 認識はまとまり単位で発生 人間の 認知機能は ある程度の まとまりごとに 分解して 行われる
  133. 133. デザインで伝える 133 認識はまとまり単位で発生 人間の認知機能はある程度の まとまりごとに分解して行われる 人間のある程度の分解して まとまりごとに認知機能は行われる 正しくに文章として認識可能
  134. 134. デザインで伝える 134 認識はまとまり単位で発生 人間の 認知機能は ある程度の まとまりごとに 分解して 行われる
  135. 135. デザインで伝える 135 認識はまとまり単位で発生 正常に認識できなくなる 人間の認知機能はある程度の まとまりごとに分解して行われる 人間のある程度の分解して まとまりごとに認知機能は行われる
  136. 136. デザインで伝える 136 認識はまとまり単位で発生 文節ごとに スペースを開ける 図形同士も スペースを開ける 改行も少し スペースを開ける まとまりごとに スペースを開ける
  137. 137. デザインで伝える 137 本節のトピック ①視線誘導 ②まとまりを作る ③箇条書きを避ける
  138. 138. デザインで伝える 138 箇条書きを避ける ・箇条書きは同列の文節を並べる手法 ・簡潔に複数の事柄を並列で記載できる ・ただし、スライドではなるべく避けるべき
  139. 139. デザインで伝える 139 Why? ・箇条書きは文量が多く、スライドの全ての把握に時間が必要 ・作りやすいので、箇条書きを許すと全てが箇条書きになりがち ・コントラストを出しにくいので重要箇所を見落としやすい ・スライドが平坦になりやすく退屈 ・個々の内容が記憶に残りにくい
  140. 140. デザインで伝える 140 ただし・・ ・箇条書きは完全に封印をするべきではない ・最終手段のひとつとしてとっておくべき ・おさらいや補足など、箇条書きのほうが有効な場合も存在する
  141. 141. デザインで伝える 141 箇条書き脱却のススメ スライドのドラフトを箇条書きで作成 その後、内容を非言語化したり単語に分解して説明する。 箇条書き=下書きという感覚を作る
  142. 142. 今回の内容 142 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  143. 143. 受け手への配慮 143 配布資料への気配り ー配布資料は殆どモノクロー スライドで見にくい表、グラフなどは配布 スライドのコピーやグラフを配る場合 配る資料がモノクロでも機能するか確認!
  144. 144. 受け手への配慮 144 聴衆を事前に把握 ー相手にスライドを合わせるー 同業者相手にくどい専門用語の説明は避ける 不特定の業種相手になら、なるべく簡潔に説明を 年齢層にも配慮したデザインを
  145. 145. 受け手への配慮 145 発表の進捗を伝える ー進捗どうですかー 節の間ごとに目次を入れて、発表の現在位置を伝える ※目安5分以内の短い発表ならいらない。
  146. 146. 受け手への配慮 146 質問の回答で息詰らないように 回答については紙のカンペがあってもいいかも 口頭で回答が難しい質問には本編と別にスライドを用意 質問に負けない ー想定質問を考えるー
  147. 147. 今回の内容 147 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  148. 148. 機材や環境に配慮 148 発表に使うPCは要確認 ー何を見てヨシとー パワポの バージョン違う! 埋め込んだ動画が 再生できない! インターネットに つながらない!
  149. 149. 機材や環境に配慮 149 ・ソフトのバージョンは事前に確認を 確認不可を想定してPDFでも出力しておく ・動画は極力発表以外では埋め込まない(ファイル直再生かGIF) 特にPowerPointは発表者ツールを使うと高確率で動画が再生できない ・オンラインコンテンツは極力避ける Googleスライドもオフラインで動くようにしておく これ以外も色々チェック項目は多そう
  150. 150. 機材や環境に配慮 150 スライド以外の資料を見せる際 ー何を見てヨシとー 動画だから一旦 パワポ消して・・・
  151. 151. 機材や環境に配慮 151 スライド以外の資料を見せる際 ー何を見てヨシとー
  152. 152. 機材や環境に配慮 152 スライド以外の資料を見せる際 ー何を見てヨシとー 内部情報 大★公★開
  153. 153. 機材や環境に配慮 153 ・発表用のマシンのデスクトップは必ずキレイに 不具合で再起動とかもあるので資料の有無に関わらず ・エクスプローラーも気をつける 横のバーに出てきます。
  154. 154. 機材や環境に配慮 154 音を組み込んで発表する際 ー何を見てヨシとー 音出しまーす 音出しまーす
  155. 155. 機材や環境に配慮 155 音を組み込んで発表する際 ー何を見てヨシとー ?
  156. 156. 機材や環境に配慮 156 ・音量の確認はしっかり 小さい分には上げればいいが、大きかったらかなり迷惑 ・本番環境で確認する PC単体のときとはぜんぜん違う 事前確認不可な場合は音量0 にしておいて発表中に調整する ミュートではない
  157. 157. 今回の内容 157 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は
  158. 158. もっと上に行くには 158 画面利用範囲 ーギリギリまで使わないー ギリギリの位置で文字を書いたり 図や画像を入れないで プロジェクターの場合、左右の位置合わせが甘かったり 端が歪曲することが多いので、
  159. 159. もっと上に行くには 159 画面利用範囲 ーギリギリまで使わないー ギリギリの位置で文字を書いたり 画像を入れないで 左右端5% 下端10% は基本使わない 黒いトコ 特に下は前の人の頭で見えなくなる事が多いので注意
  160. 160. もっと上に行くには 160 色に頼らないスライド ーCUDや印刷対応などー おさらい:無視できない人数が、このような色彩感覚を持っている
  161. 161. もっと上に行くには 161 色に頼らないスライド ーCUDや印刷対応などー モノクロで印刷される想定も必要な場合もある 枠線を点線に するなど 形を使った 区分も考える 特にグラフは要対応
  162. 162. もっと上に行くには 162 グラフはExcelで作る ー論文用のソフトでは見えないー MATLAB, Gnuplot >>> Excel 教 工学徒の場合、多くが に入信されていると思います。
  163. 163. もっと上に行くには 163 グラフはExcelで作る ー論文用のソフトでは見えないー MATLAB, Gnuplot >>> Excel 教 工学徒の場合、多くが に入信されていると思います。 面倒でも スライド用にExcelで作り直して MATLAB, Gnuplotは可読性重視 遠くからでは見えません。
  164. 164. もっと上に行くには 164 宗教上の理由でExcelが使えない方 ・FineReport ・RAWGraphs ・Adobe Spark graph maker 慣れればExcelよりこっちがいい気がする。 オススメフリーソフト
  165. 165. もっと上に行くには 165 最新の資料配布 ー多分これが1番早いと思いますー QRコード ※注意※ 防音性の高い会場は 4Gですら入らないことも
  166. 166. もっと上に行くには 166 スライドの最後について ー立つ鳥後を濁さず禁止ー ご清聴ありがとうございました。 きれいに終わるのではなく…
  167. 167. もっと上に行くには 167 スライドの最後について ー立つ鳥後を濁さず禁止ー ご清聴ありがとうございました。 最後は目次で終わる(後に質問がしやすい) スライドの一覧なども可
  168. 168. 今回の内容 168 「伝える」には ス ト ー リ ー を 作 る ま ず ス ラ イ ド っ て ? 情 報 の 載 せ 方 の 違 い 制作上のコツ フ ォ ン ト ・ 色 レ イ ア ウ ト は 単 調 に デ ザ イ ン で 伝 え る 「本番」に備える 機 材 や 環 境 に 配 慮 受 け 手 へ の 配 慮 も っ と 上 に 行 く に は Thank you for watching!

×