O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

How ORCID is innovating research evaluation workflow? (N. Miyairi)

515 visualizações

Publicada em

Presentation at the 2016 ORCID Tokyo Workshop (21 June 2016)

Publicada em: Educação
  • Login to see the comments

How ORCID is innovating research evaluation workflow? (N. Miyairi)

  1. 1. ORCIDがもたらす 研究評価ワークフローへの変化 21 June, 2016 Nobuko Miyairi Regional Director, Asia Pacific n.miyairi@orcid.org http://orcid.org/0000-0002-3229-5662 orcid.org 1 #ORCIDTokyo2016
  2. 2. 研究評価とアイデンティティ 1. 研究者アイデンティティの信頼性 • 真正性、本人確認、所属機関移動 2. 名寄せ(あるいは名分け)問題 • 研究業績は出版物が中心 • 研究者自身による申告>入力負担>インセンティブ欠如 • 第三者による同定>時間とコスト • 「出口」ではなく、「入口」での人物同定 3. 正確に同定できても、それだけでは不十分 • 各著者の責任所在、役割分担 4. 出版物以外の研究成果の把握 • 何を貢献として認め、どこでどう把握するのか orcid.org 2
  3. 3. 研究者 ORCIDメンバー機関 ORCID識別子の提示と 電子認証による許諾 ORCID識別子の取得 ORCIDレコードの管理 • 基本情報 • 氏名 • メールアドレス など • アクセス許諾管理 • 経歴・所属情報 • 研究業績・実績 • 論文 • 査読 • 助成金 • 特許 など xxxx-xxxx-xxxx-xxxx ORCIDレコード 業績等の書き込み ORCIDレコードと研究者、ORCIDメンバー機関の関係
  4. 4. orcid.org 4 ORCID in submission process ORCIDとのリンクを促す ことにより、著者や査読者 の基本情報を自動的に取得
  5. 5. Members build TRUST orcid.org 5 • 研究者自身が入力した所属情報は、Sourceとし てその氏名を表示 • 所属機関がORCIDメンバーAPIを使って所属情 報を入力した場合は、Sourceとして機関名を表示
  6. 6. orcid.org 6 The Peer Review Scam Ferguson, C., Marcus, A. & Oransky, I. Publishing: the peer-review scam. Nature 515, 480 (2014).
  7. 7. In 2012, the Elsevier journal Optics & Laser Technology retracted 11? papers after an unknown party gained access to an editor's account and assigned papers to fake reviewer accounts. … to verify reviewers' identities, the system now integrates the Open Researcher and Contributor ID (ORCID) at various points. ORCID identifiers, unique numbers assigned to individual researchers, are designed to track researchers through all of their publications, even if they move institutions. orcid.org 7 “ ” Ferguson, C., Marcus, A. & Oransky, I. Publishing: the peer-review scam. Nature 515, 480 (2014).
  8. 8. orcid.org 8
  9. 9. orcid.org 9
  10. 10. BEFORE • First name • Last name • Middle name • Transliteration • By affiliation • By field • By journal • By co-authors … AFTER orcid.org 10 Name disambiguation
  11. 11. 著者は論文投稿 時に電子認証を 経てORCID識 別子を原稿とと もに提出 出版社はアクセ ス許諾を得て、 受理した論文の 出版メタデータ に、著者の ORCIDを記述 DOIを付与する 際に、論文メタ データより ORCID識別子 を認識し、該当 する著者の ORCIDレコー ドに書き込み 新しいDOIと論 文メタデータが 著者のORCID レコードに追加 される 電子メールにより通知 CrossrefによるORCIDレコードの自動アップデート(概念図)
  12. 12. orcid.org 12
  13. 13. orcid.org 13 ORCID @ research evaluation 研究評価ツールにおいても、著 者のIDを使って正確な業績の把 握と評価を可能に
  14. 14. orcid.org 14http://europepmc.org/authors/0000-0001-5109-3700
  15. 15. • Project CRediT (Contributor Roles Taxonomy) is led by The Wellcome Trust and Digital Science, facilitated by CASRAI and NISO and supported by the Science Europe Scientific Committee for the Life, Environmental and Geo Sciences. • The project is developing and maintaining recommendations for a science-oriented contributor role taxonomy and its implementation. • orcid.org 15 Project CRediT
  16. 16. #1 conceptualization #2 methodology #3 software #4 validation #5 formal analysis #6 investigation #7 resources #8 data curation #9 writing – original draft #10 writing – review & editing #11 visualization #12 supervision #13 project administration #14 funding acquisition orcid.org 16 CRediT Taxonomy
  17. 17. orcid.org 17 Contributorship badges http://www.gigasciencejournal.com/content/3/1/18/about#open-badges
  18. 18. • Persistent • Machine- readable • Interoperable • Use of standards • Existing • New – to complement orcid.org 18 Contributor Information in DataCite Metadata
  19. 19. orcid.org 19 ORCID in peer review process 査読の実績をORCIDレ コードに反映
  20. 20. 機関 リポジトリ orcid.org 20 ORCIDによる情報の自動アップデート 助成金DB 研究者 大学・研究機関 出版社 助成金申請 助成金授与 助成金獲得情報をORCID登録 投稿 出版情報を ORCID登 録 出版情報を 受信 アップデート 助成金獲得情報、出版情報を受信
  21. 21. ORCIDがもたらす 研究評価ワークフローへの変化 1. 研究者アイデンティティの信頼性 • 研究者によるiD取得>機関による所属情報の追加、更新 • 機関ID x ORCID によるShibboleth認証 2. 名寄せ(あるいは名分け)問題 • 出版社>DOI登録機関によるORCID自動アップデート • 研究者自身および評価側双方にとっての入力・分析負担の軽減 • 業績 x ORCID の遡及入力>各データベースへの反映>iDによる分 析 3. 正確に同定できても、それだけでは不十分 • CRediTによるオーサーシップの明確な把握、メタデータ化 4. 出版物以外の研究成果の把握 • 出版社による査読実績の見える化 • 研究助成団体による資金獲得実績の見える化 orcid.org 21
  22. 22. Italy: 2015 • Over 70 Italian universities and research institutes are participating in the Italian ORCID consortium. • Led by ANVUR (National Agency for the Evaluation of the University and Research Institutes,) and CRUI (Conference of Italian University Rectors) • CINECA providing DSpace integration platform • Goal is to support the national research assessment exercise (VQR) by ensuring that at least 80% of Italian researchers have an ORCID iD, with links to their research output back to 2006, by the end of 2016.orcid.org 22
  23. 23. orcid.org 23 Thanks! Nobuko Miyairi ORCID Regional Director, Asia Pacific n.miyairi@orcid.org

×