O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

Graphic recoding-ws-

15.599 visualizações

Publicada em

Publicada em: Arte e fotografia
  • Seja o primeiro a comentar

Graphic recoding-ws-

  1. 1.   Brigadeイベントにすぐに役⽴立立つ    グラレコで合意形成を加速せよ! 第11回  Brigadeワークショップ 2015年年4⽉月12⽇日    三澤  直加 グラフィックレコーディング勉強会,  Naoka  Misawa,  Azumi  Wada
  2. 2. グラフィックレコーディング! Code  for  Japan  Summit  2014
  3. 3. グラフィックレコーディング! Photo:  Toshiya  Kondo CIVIC  TECH  FORUM  2015
  4. 4. 本⽇日は、よろしくお願いします! 和⽥田  あずみ 講師・ファシリテーター: 三澤  直加 グラフィックレコーディング  サポーター: グラフィックレコーディング勉強会から Code  for  Namie  プロジェクトでUXデザインを担当 NPO法⼈人アイデア創発コミュニティ推進機構理理事 株式会社グラグリッド    取締役 グラフィック・レコーダー・ネットワーク代表 五⼗十嵐嵐  佳奈奈今野  敬介 梶家  秀彦 ⻄西⽥田  武史
  5. 5. ワークショップのねらい Brigadeイベントに役⽴立立つこと やってみたいこと ⼀一つでも⾒見見つけていただきたい! グラフィック  レコーディングの活⽤用⽅方法を知る! ⾃自分でもやってみる!
  6. 6. ワークショップのポリシー “習うより慣れろ” ・グラフィックレコーディングはスポーツ! ・やればやるほどうまくなる!
  7. 7. ワークショップのポリシー “個性を活かそう” ・⾊色をどんどん使おう! ・⾃自分なりの⼯工夫をしながら進めよう!
  8. 8. ワークショップのポリシー? “⾝身体感覚よ⽬目を覚ませ!” ・実は⽪皮膚の感覚、バランス感覚が⼤大事! ・⾝身体全体をつかって絵を描こう!
  9. 9. ワークショップの進め⽅方 •  ⾃自⼰己紹介と準備運動 •  さまざまな視覚化の技法 •  グラフィックレコーディングってどうやるの? •  美しく描くための基本を知ろう! •  聴き取りトレーニング •  表現するトレーニング •  構造化トレーニング •  グラフィックレコーディンをやってみよう! •  グラフィックレコーディング、どう使えそう? •  リフレクション
  10. 10. ⾃自⼰己紹介 お題: あなたが好きな⾷食べ物を 絵で描いてください! ・「好きな⾷食べ物のイラスト」と   「あなたのニックネーム」描こう! ・  A3の紙、めいっぱい⼤大きく。 ・  3分で(考えすぎずに、思い切切って!)
  11. 11. いろんなところで役に⽴立立つ さまざまな 視覚化の技法!
  12. 12. さまざまなシーンでつかえる「視覚化の技法」 講演会で 対談の場で 会議で 座談会で
  13. 13. グラフィックレコーダーネットワーク(⽇日本) 講演内容をみんなの前でグラフィカルに記録する
  14. 14. 講演内容をみんなの前でグラフィカルに記録する さっきの話 こういう ⾒見見⽅方もあっ たのか! ©  Naoka  Misawa   そうそう、 こんなコト ⾔言ってたな グラフィックレコーディング
  15. 15. ⾒見見解をぶつけあうためのきっけけに おれはそう 思わない。 あの、部分、 おれはこう 思う。 吹き出しは、勝⼿手な妄想です。
  16. 16. イベントを盛り上げる⼀一つにしかけにも 創造的な 雰囲気!
  17. 17. 講演内容を楽しいノートにまとめてシェア GR:  Satomi  Wanami スケッチノート
  18. 18. 講演内容をノートにまとめてシェア ダイジェス トが把握で きる! こんな話を してたん だ! (c)  Satomi  Wanami スケッチノート
  19. 19. 対談やパネルディスカッションでも同様に 議論論のポイ ントはここ かな この⼈人達が 来てたんだ ©  Naoka  Misawa スケッチノート
  20. 20. 議論論の場で、意⾒見見を書き出す
  21. 21. 議論論の場で、意⾒見見を書き出す ©Naoka  Misawa グラフィックファシリテーション どんどん 絵になるから 発想しやす い! 他の⽅方向性 でも考えて ⾒見見よう ©Naoka  Misawa
  22. 22. 会議の場でアイデアをスケッチする ©  Naoka  Misawa アイデアスケッチ どんどん 絵になるから 発想しやす い! ⾒見見てたら 閃いた!
  23. 23. 視覚化の良良いところ! ②参加者が アイディア、 議論論プロセスを 理理解しやすくなる ③情報を俯瞰 することで、 新たな発想を⽣生む ①頭の中にある アイディアを 形にできる 参加者の意欲が上がり、アイディア創発の場や会議での合意形成を促す
  24. 24. 様々な視覚化表現の特徴 テキスト グラフィック ノート ファシリ テーション (記録重視) (⽂文脈重視) (表現⼒力力重視) (伝達重視) 視覚化の⽬目的 視 覚 化 表 現 手 段
  25. 25. 様々な視覚化表現の特徴 絵⽇日記 テキスト グラフィック ノート ファシリ テーション ファシリ テーション グラフィック お固い議事録 (記録重視) (⽂文脈重視) (表現⼒力力重視) (伝達重視) グラフィック レコーディング RTD
  26. 26. 様々な視覚化表現の特徴 テキスト グラフィック ノート ファシリ テーション (記録重視) (⽂文脈重視) (表現⼒力力重視) (伝達重視) グラフィック レコーディング グラフィックを⽤用いて 表現⼒力力豊かな記録をするが、 個⼈人の解釈によって差がで てくる記録
  27. 27. グラフィック レコーディングって どうしたらできるの?
  28. 28. グラフィックレコーディングとは 会議での議論論やカンファレンスの流流れ等、 情報を即座に、グラフィカルに視覚化し、共有する⼿手法 絵を 描く? ⼈人に ⾒見見せる? 即座 に?
  29. 29. グラフィックレコーディングの障害 普段の ⾃自分のノートには どんな課題がある? 絵を描くのが 苦⼿手… 書くのが怖い⾔言葉葉が散乱して 何がいいたかったか 結局わからん 書いている間に 議論論が進んで 追いつけない! うまく描かなきゃ って思うと 頭が真っ⽩白 とっさに何を 選んで書くべきかが わからない 書いてはみたけど ⾃自分以外は わからなさそう
  30. 30. グラレコ課題分割 聴きとる 表現する 構造化する まずは情報を「聴く」 何を話しているのか、 意識識して 聴きとっていく 聴いたものを「表現する」 聴きとったものを スピーディーに 伝わるイラストや 記号で表現する 表現を「構造化する」 描いた絵や情報の 関係性を考え 構造化する
  31. 31. グラレコ課題分割(悩み) 聴きとる 表現する 構造化する まずは情報を「聴く」 何を話しているのか、 意識識して 聴きとっていく 聴いたものを「表現する」 聴きとったものを スピーディーに 伝わる絵にする 表現を「構造化する」 描いた絵や情報の 関係性を考え 構造化する 絵を描くのが 苦⼿手… 書くのが怖い 書いている間に 議論論が進んで 追いつけない! 書いてはみたけど ⾃自分以外は わからなさそう とっさに何を 選んで書くべきかが わからない うまく描かなきゃ って思うと 頭が真っ⽩白 ⾔言葉葉が散乱して 何がいいたかったか 結局わからん
  32. 32. グラレコ課題分割(今回のワーク) 聴きわける 表現する 構造化する まずは情報を「聴く」 何を話しているのか、 意識識して 聴きとっていく 聴いたものを「表現する」 聴きとったものを スピーディーに 伝わる絵にする 表現を「構造化する」 描いた絵や情報の 関係性を考え 構造化する 絵を描くのが 苦⼿手… 書くのが怖い 書いている間に 議論論が進んで 追いつけない! 書いてはみたけど ⾃自分以外は わからなさそう とっさに何を 選んで書くべきかが わからない うまく描かなきゃ って思うと 頭が真っ⽩白 聴き分け⽅方法を ⾝身につけて 流流れを追う! 上⼿手に書かない 最低限の表現で 伝わる絵は描く! ⾔言葉葉が散乱して 何がいいたかったか 結局わからん 内容・⽤用途にあう 構造を選んで 構造化する! 聴きとる トレーニング 表現する トレーニング 構造化する トレーニング
  33. 33. 美しく描くための 基本を知ろう! 3つのトレーニング、その前に
  34. 34. グラレコでつかう道具(基本セット) 環境に合う ⼤大きさの紙 裏裏写りしない 太いカラーペン はがしやすい テープ メモ&調べ物 スマホ メモ&構造検討 ポストイット 修正⽤用 ラベルシール
  35. 35. 基本的なペンの持ち⽅方 プロッキーの太いほうで、うまく描くための持ち⽅方 尖った⽅方を 親指側に持つ
  36. 36. 基本的なペンの使い⽅方 ペン先全てを使って、 しっかり押しつける ペンを置くだけで こういう形ができる
  37. 37. 基本的なペンの使い⽅方
  38. 38. 基本的なペンの使い⽅方
  39. 39. 基本的なペンの使い⽅方
  40. 40. 基本的なペンの使い⽅方
  41. 41. まっすぐな線で、美しい⽂文字がかける! ペンの向きが固定されていないと、不不安定な⽂文字に ペンの向きが固定されると、⽂文字も安定して、 スピーディーに書けるように 名づけて:プロッキーフォント!
  42. 42. ペンに慣れるために描いてみよう 波線 ⻑⾧長い線 ぐるぐる線 いろんな⽂文字
  43. 43. 細かい⽂文字を書きたい時のペンの持ち⽅方 プロッキーの太いほうを、そのまま回転! ペンを回転させ 芯を縦向きにする 尖った部分を 下に向ける
  44. 44. 太い⽅方でも細かい⽂文字が書ける! ↓芯を縦向きにすると、細くて繊細な線がかける。
  45. 45. 聴きとる トレーニング1
  46. 46. ⼤大事なことを聴きとる練習 ①A3⽤用紙とペンを⽤用意 ②スピーカーの話を   ききながら   そこに登場する「モノ」   をすべてメモしてください。 ⾼高速で 話します! ※⾃自分⽤用にメモできればOK   綺麗麗な⽂文字で書く必要はありません。   全部書き取れるように、頑張って⾏行行きましょう!
  47. 47. チーム内で振り返り いくつ聞きとれた? 難しかった「モノ」は? 全部聴きとるために やっていた⼯工夫は? etc..
  48. 48. 全体で振り返り 聴きとるためにできる⼯工夫は?
  49. 49. 表現する トレーニング2
  50. 50. ⾃自分なりの簡単⼈人間を描く パーツの配置を意識識して顔を描こう!
  51. 51. ⾃自分なりの簡単⼈人間を描く
  52. 52. ⾃自分なりの簡単⼈人間を描く
  53. 53. ⾃自分なりの簡単⼈人間を描く
  54. 54. ⾃自分なりの簡単⼈人間を描く
  55. 55. ⾃自分なりの簡単⼈人間を描く 眉⽑毛が、⽬目のくぼみに ⼊入ってしまう ☓ 眉⽑毛を書く時には ⽬目の周りと間隔をとろう。 なんか変・・・ 骸⾻骨の形を想像・・・
  56. 56. 顔の表情を描いてみよう
  57. 57. 顔の表情を描いてみよう 嬉しい ⼝口をあけ ⼝口⾓角を上げる
  58. 58. 顔の表情を描いてみよう 怒怒り への字⼝口と 逆ハの字眉
  59. 59. 顔の表情を描いてみよう 悲しみ への字⼝口と ハの字眉
  60. 60. 顔の表情を描いてみよう 驚き! ⽬目と⼝口が 開く
  61. 61. 顔の表情を描いてみよう わかった! 上向きで ⼝口が少し上に
  62. 62. 顔の表情を描いてみよう 困った ハの字眉を しかめる
  63. 63. 顔に傾きをつけることで、意思がこもる 顔の表情+傾き
  64. 64. ⾝身体の動きでさらに感情豊かに 体の動き
  65. 65. ⾃自分のイチオシを紹介 チームでシェアする チームの⼈人の表情をみて うまい、と思ったものを 称え合おう!
  66. 66. 3構造化する トレーニング
  67. 67. さまざまな、構造化パターン リスト ラディアル クラスター グリッド/テーブル ダイアグラム
  68. 68. 69 さまざまな、構造化パターン 例例 内容でまとめずに、意⾒見見を、そのまま書き 出し並べる。箇条書きに書く。 リスト
  69. 69. ラディアル さまざまな、構造化パターン 例例 情報を⽮矢印や枝でつなぎ、情報全体のつ ながりとひろがりを⽰示す。
  70. 70. クラスター さまざまな、構造化パターン 情報の内容を意識識し分類しながら、情報 の種類、関係性を⾒見見つけていく。 例例
  71. 71. 72 構造化のポイント 同類を囲い、 まとまりとして ⾒見見せてあげる ⼤大事なコトバは、 強調して ⾒見見せてあげる 関係性を ⽮矢印を使って 表現する
  72. 72. 構造化はいつするの? 内容が出揃ってから 関係性を書き⾜足す (帰納的な構造化) 最初にあたりを付けて 書いていく (演繹的な構造化) 2つの⽅方法がある! 内容が⾒見見えない時はこちら 内容が⾒見見える時/議論論を誘導したい時 慣れない時はこっちが、安⼼心 こっちの⽅方が後で⾒見見やすい
  73. 73. でも、実際はどうするの? 綺麗麗に構造化したいけど 最初から なんてわからない・・・ いきなり模造紙で書くのも こわい・・・ コンノ式を⾒見見てみよう! テンプレートを試してみよう!
  74. 74. すぐに使えるテンプレート スピーカー  テンプレート
  75. 75. すぐに使えるテンプレート サンプル
  76. 76. すぐに使えるテンプレート ビジョン  テンプレート
  77. 77. すぐに使えるテンプレート サンプル
  78. 78. テンプレートを使って書いてみよう! お題: あなたがが来年年までに やってみたいことを描いてください。 ①近くの⼈人2〜~3⼈人 で話す時間をつくり ます。(5分) ②1⼈人ずつ書いてみ ましょう。(10分)
  79. 79. グラフィック レコーディング演習
  80. 80. グラフィックレコーディング演習 関さんのスピーチを みんなでグラレコして 発信しよう!
  81. 81.   グラフィックレコーディング演習 はりだして、シェアする 「これいいな」って思ったグラレコは ふせんに⼀一⾔言感想をかいて投票! どんなところが よかったですか?
  82. 82. リフレクション
  83. 83. リフレクション チーム内で振り返ろう やってみてどうだった? グラフィックレコーディング どんな所でつかえそう?
  84. 84. なぜ視覚化が⼤大事なのか? ②参加者が アイディア、 議論論プロセスを 理理解しやすくなる ③情報を俯瞰 することで、 新たな発想を⽣生む ①頭の中にある アイディアを 形にできる 参加者の意欲が上がり、アイディア創発の場や会議での合意形成を促す
  85. 85. どんな時につかうと効果がでやすいか? 1. 価値観が違う⼈人/異異なる分野の⼈人と 情報を共有したり議論論する時 2. ⾏行行く先が⾒見見えていない、 創造的な議論論をする時 3. いち早く活動を共有・発信 したい時
  86. 86. さいごに 筋⾁肉は⼀一⽇日にして成らず 聴きとる 筋⾁肉 表現する 筋⾁肉 構造化する 筋⾁肉
  87. 87. さいごに 仲間と⼀一緒にグラレコ筋トレ!
  88. 88. グラレコ困った時の TIPS集(全部実話★)
  89. 89. グラレコ困った時のTIPS集 1.⼤大事な キーワードが ききとれなかった なんかわりと ⼤大事そうなのにーーー! うわあああああ
  90. 90. グラレコ困った時のTIPS集 1.⼤大事な キーワードが ききとれなかった 絵をみせながら 後で発話者にきく ここ、ききとれ なかったので もう⼀一度度教えて!
  91. 91. グラレコ困った時のTIPS集 2.漢字やスペル 忘れた・間違えた ×可視可 ◎可視化 おいおいおい  orz
  92. 92. グラレコ困った時のTIPS集 2.漢字やスペル 忘れた・間違えた スマホ⽚片⼿手に グラレコ。 怪しい⽂文字は検索索 このスペルは これでいいのか ほっっ ※とはいえ漢字練習⼤大事
  93. 93. グラレコ困った時のTIPS集 3.紙が余った 想定より講演が圧縮されて、 描くエリアが余った。ひー 寒々しいよーどうしよー
  94. 94. グラレコ困った時のTIPS集 3.紙が余った あとで理理解を促す 参加者の発話や 総括、場の空気感を 装飾に⼊入れてみる あとでもっと 理理解できるように なるよ!
  95. 95. さいごに 「上⼿手に」「完璧に」はNGワード。 知らず知らずに⾼高いレベルを 求めると、描けなくなっちゃう! シンプルでも 「後でその場にいなかった誰かに ストーリーを伝えることを イメージして描く」 のが⼤大事。 徐々にできる表現をふやしていく!
  96. 96. 本資料料作成者 和⽥田あずみ 株式会社エアーリンク  webディレクター。 オンライン旅⾏行行サイト『DeNAトラベル』のユーザー調査・サービス開発・UIデザイ ン・アクセスログ等の定量量調査に従事。 学⽣生時代からNPO活動に関わる中でファシリテーションを学び、 「多様なひとと⼀一緒に、伝えるものをつくる」プロセスに⼒力力をいれている。 産業技術⼤大学院⼤大学  ⼈人間中⼼心デザイン履履修証明プログラム2014受講⽣生。 三澤  直加 エクスペリエンスデザイナー  /  コンサルタント 顧客起点での商品づくりを⾏行行うための、プロジェクト・ファシリテーション、デザイン コンサルテイングを中⼼心に活動する。共創プラットフォームの創出に⼒力力を⼊入れており、 アイデア創出ファシリテーターの育成、グラフィックレコーディングの研究、市⺠民協働 型のイベントの企画・運営などを  ⾏行行う。 東北北⼯工業⼤大学  ライフデザイン学部クリエイティブデザイン学科  講師 NPO法⼈人アイデア創発コミュニティ推進機構理理事 グラフィック・レコーダーズ・ネットワーク代表 +グラフィックレコーディング勉強会のみなさん

×