O slideshow foi denunciado.
Seu SlideShare está sendo baixado. ×

C#でゲームを作る2016 第7回

Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Anúncio
Carregando em…3
×

Confira estes a seguir

1 de 23 Anúncio
Anúncio

Mais Conteúdo rRelacionado

Mais de 京大 マイコンクラブ (20)

Mais recentes (20)

Anúncio

C#でゲームを作る2016 第7回

  1. 1. C#でゲームをつくろう 第柒回 06/04 担当: suzusime
  2. 2. 自己紹介  京都大学理学部理学科二回生  ID: suzusime(すずしめ)  物理学徒  人生の道をどこで間違えたんだろうなぁ
  3. 3. 近況報告  解析学の中間試験……むり  統計力学ゼミ発表……はやく準備しなきゃ  量子力学・微分幾何・確率統計あたりの勉強がしたい  でも微積も線型もなにも分かってない……  電磁気学の授業わからず  S自評どうするんや……  ゲーム作りたい  お絵かきもしたい  CTF……  死ぬしかないじゃない
  4. 4. 自己紹介をしましょう  名前(もし部員であればID)  所属(学部、回生など)  出身地  好きなゲーム、本、音楽等  一言 (※全て任意です)
  5. 5. Slackチャンネルに入ってね  Slackに#csgameというチャンネルを作ったので、部員の 人はここに入ってください。質問などをここでも受け付 けます。  まだ部員でない方も、もし質問があれば口頭で説明する ので、安心して下さい。
  6. 6. 初めての人のために  このプロジェクトでは最後(夏休み前か後を予定)に 作ったゲームを発表してもらおうと思っています。  みんなで遊んで品評会をしましょう。  実際に作る段になってから考え初めても大変なので、ど ういうものを作りたいか予め考えておいて下さい。  高度なものは求めません。3分ゲーのようなもので結構 です。
  7. 7. 提供素材  Id: hakurin君がこのプロジェクトのために キャラ立ち絵をかいてくれました!
  8. 8. 自分としての目標を  自分として目標をもってやってみると良いのではないで しょうか。
  9. 9. ゲームを完成させること  一つの例として「ゲームを完成させること」を目標にし てみるのはいいのではないかな、と思います。  誰かゲーム会社の人がツイッターで「どんな稚拙なもの でも、ゲームをエンディングまできちんと完成させた学 生さんはどれほどいるだろう?」みたいなことを言って いたのを見た記憶。  ちなみに私は完成させたことがないのでこれを目標にし たいと思います。
  10. 10. 今回の内容  オブジェクト指向の話  コーディング規約の話  デバッグのやり方  実習:キャラクターを動かしてみる  キャラクターのクラスを作る  キー入力を受け付けるクラスを作る
  11. 11. オブジェクト指向の話  レジュメを読みます。
  12. 12. コーディング規約の話  http://dobon.net/vb/dotnet/beginner/namingrules.html
  13. 13. デバッグとは  バグ:プログラムが想定したとおりに動かないようにな る欠陥のこと。  デバッグ:バグを潰すこと。  デバッグしないと死んでしまう!  デバッグしないと死んでしまう!
  14. 14. デバッグの基本手法  「メモリを覗く」「1ステップずつ実行する」などの手 法があります。  プログラムはメモリ上に展開され、それをCPUが順番に 読み取ることで実行されます(C#の場合はCLIという規 格に基づいた仮想環境上で実行されます)。  そこを覗いて動作を確認したり、直に書き換えて動作を 変更したりすることでバグを探します。
  15. 15. デバッグの基本手法  実行ファイル(*.exe)だけが与えられたときにデバッグ するのは、かなり難しいです。  やりたいひとはCTF勉強会へ!  今回はソースコードを自分で書いているので、デバッグ に適した形式でコンパイルできるなど、とてもやりやす いです。  Visual Studioは最高。
  16. 16. デバッグの基本手法  ということで実際にやってみましょう。
  17. 17. 実習タイム  キャラクターを動かしてみましょう。  実は前に一度画像を動かしていますが、あれは座標や画 像をGame1クラスに直接指定していて設計としてはあま りにも初歩的でした。  もう少しオブジェクト指向らしく、キャラクターのクラ スをつくって、そこにキャラクターの座標や画像をもた せてみましょう。
  18. 18. 設計案  Game1クラス  キャラクターを入れるList  (時間があれば)キーボードの状態を持つクラス
  19. 19. 設計案  Characterクラス  キャラクターの座標  キャラクターの画像
  20. 20. 設計案  Keysクラス  各キーが押され続けているフレーム数  Monogameの初期装備のキーボード入力クラスは「この 瞬間に押されているか否か」しかとれないので、長押し の情報をとるためにこのようなクラスを作る。
  21. 21. 実習タイム  では今から残りの時間でやってみてください。  分からなかったらググるなりTAのひとに聞くなり。
  22. 22. 次回予告  次回は6月11日です。  予定は未定。
  23. 23. 以上です  おつかれさまでした。

×