O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

Hyperledger Fabric のプラットフォームおよびインフラ運用

講演者 : 紫関 昭光 氏
日本アイ・ビー・エム株式会社 ブロックチェーン事業部/エグゼクティブITスペシャリスト

概要 : ① Hyperledger Fabricのスケールアップ、スケールアウト、② 高可用性 (HA)、③ バックアップ&リカバリー、④ v1.4.x から v2.x へのデータ変換と無停止バージョンアップの4項目つについて、Hyperledger Fabric を Kubernetes 上に導入した場合を中心にご説明します。

9月30日 オンライン開催 Hyperledger Tokyo Meetup にて講演

  • Seja o primeiro a comentar

Hyperledger Fabric のプラットフォームおよびインフラ運用

  1. 1. IBM Blockchain Hyperledger Fabric の プラットフォームおよび インフラ運⽤ 2020年9⽉30⽇(⽔) ⽇本アイ・ビー・エム株式会社 ブロックチェーン事業部 エグゼクティブITスペシャリスト 紫関 昭光 Hyperledger Tokyo Meetup © 2020 IBM Corporation
  2. 2. 2 チームでDX A社 既存パートナー企業 グループ企業 A社 経済圏 ⼀社の信⽤⼒で システムやデータの信頼性を保証 ブロックチェーンの信⽤⼒で システムやデータの信頼性を保証 顧客 取引先 APIア ク セ ス 異業種パートナー企業 海外パートナー企業 新規パートナー企業 同業他社 当局 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 台帳 ブロックチェーン ⾮競争領域における課題解決や 業種や国境をまたがる協業を促進 データの真正性 データの共有 価値の移転 処理の⾃動化 • 同じ台帳を関係者で共有 • 台帳間の同期やプログラム /データの耐改竄性は実装済み © 2020 IBM Corporation
  3. 3. 3 複数組織のピアの連携とチェーンコードの実⾏を確認出来る最⼩構成 PoCのコンポーネント配置例 サーバー Linux 単⼀サーバー(またはVM)上に全ての組織を構成 OrgA OrgX OrgB Peer_A1 HFC_A CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_BCA_B © 2020 IBM Corporation
  4. 4. 4 組織ごとにインフラ(サーバー、OS)を分け、ピアとオーダラーを多ノード構成にする 開発テスト、QA環境のコンポーネント配置例 サーバー Linux 組織ごとに、単⼀サーバ(またはVM)上に全てのコンポーネントを構成 OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : © 2020 IBM Corporation
  5. 5. 5 サーバー(Worker Node)をクラスター構成し、可⽤性とスケーラビリティを⾼める 本番サービスのコンポーネント配置例 OrgA OrgX OrgB Linux Node_4 Linux Node_3 Linux Node_2 Linux Node_1 Linux Node_6 Linux Node_5 Kubernetes Kubernetes Kubernetes File Storage File Storage File Storage Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_5 : © 2020 IBM Corporation
  6. 6. 6 サーバー(Worker Node)をデータセンターを跨いでクラスター構成し、可⽤性を更に⾼める 本番サービスのコンポーネント配置例 Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B OrgA OrgX OrgB Orderer_X5 : Linux Node_c,d Linux Node_3,4 Linux Node_a,b Linux Node_1,2 Linux Node_e,f Linux Node_5,6 Kubernetes Kubernetes Kubernetes データ センター データ センター データ センター データ センター データ センター データ センター File Storage File Storage File Storage File Storage File Storage File Storage
  7. 7. 7 ⼀般的なスケールアウトとスケールアップ Peer, Orderer のスケールアップ App Storage LB App App LB AppApp DBサーバー 4Core 4Core 4Core 4Core 4Core Storage DBサーバー 4Core 8Core © 2020 IBM Corporation
  8. 8. 8 クラスターのノードをスケールアウトすることで Peer, Orderer をスケールアップ Peer, Orderer のスケールアップ OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A OrgA Linux Node_2 Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A 4Core 0.2Core 1Core 1Core 0.5Core 4Core x2 0.2Core 3Core 3Core 0.5Core © 2020 IBM Corporation
  9. 9. 9 サーバー(Worker Node)障害に対するHA Peer の⾼可⽤性 (HA) 1/4 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2Peer_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 Linux Node_3 データ センター © 2020 IBM Corporation
  10. 10. 10 Node_1で障害発⽣、サーバーダウン Peer の⾼可⽤性 (HA) 2/4 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2PEER_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 Linux Node_3 データ センター © 2020 IBM Corporation
  11. 11. 11 Deployment Controllerが Peer_A1, CA_Aの Podを Node_2, 3に再配置 Peer の⾼可⽤性 (HA) 3/4 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2 Peer_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 Linux Node_3 データ センター © 2020 IBM Corporation
  12. 12. 12 Node_1の代わりにNode_4をワーカープールに追加してクラスターを復旧 Peer の⾼可⽤性 (HA) 4/4 OrgA Linux Node_4 Kubernetes File Storage Peer_A2 Peer_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 Linux Node_3 データ センター © 2020 IBM Corporation
  13. 13. 13 データセンター障害に対するHA Peer の⾼可⽤性 (HA+) 1/5 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2Peer_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 9⽉30⽇ 10:35 9⽉30⽇ 10:35 9⽉30⽇ 10:35 © 2020 IBM Corporation
  14. 14. 14 データセンター_1でネットワーク障害発⽣ (10:40) Peer の⾼可⽤性 (HA+) 2/5 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2PEER_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 9⽉30⽇ 10:40 9⽉30⽇ 10:40 9⽉30⽇ 10:40 © 2020 IBM Corporation
  15. 15. 15 データセンター_2, 3 でサービス続⾏ (10:40~12:10) Peer の⾼可⽤性 (HA+) 3/5 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2PEER_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 9⽉30⽇ 10:40 9⽉30⽇ 12:10 9⽉30⽇ 12:10 © 2020 IBM Corporation
  16. 16. 16 データセンター_1が復旧 (12:15)、ブロックチェーンファイルの同期が始まる Peer の⾼可⽤性 (HA+) 4/5 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2Peer_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 ブロック チェーン ファイルを 同期 9⽉30⽇ 10:40 9⽉30⽇ 12:15 9⽉30⽇ 12:15 © 2020 IBM Corporation
  17. 17. 17 同期されたブロックチェーンファイルからPeer_A1のステートDBが最新状態に追いつく (13:00) Peer の⾼可⽤性 (HA+) 5/5 OrgA Linux Node_1 Kubernetes File Storage Peer_A2Peer_A1 CA_A Linux Node_2 Peer_A3 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 9⽉30⽇ 13:00 9⽉30⽇ 13:00 9⽉30⽇ 13:00 ブロック チェーン ファイルから ステートDBを再⽣ © 2020 IBM Corporation
  18. 18. 18 データセンター障害に対するHA Orderer の⾼可⽤性 (HA+) 1/3 OrgX Linux Node_1 Kubernetes File Storage Orderer_X4Orderer_X2 Orderer_X1 Linux Node_2 Orderer_X5 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 Orderer_X3 CA_X Raft Raft © 2020 IBM Corporation
  19. 19. 19 データセンター_1で電源障害発⽣、RaftによりOrderer_1, 2を分離、Orderer_X3, 4, 5で続⾏ Orderer の⾼可⽤性 (HA+) 2/3 OrgX Linux Node_1 Kubernetes File Storage Orderer_X4Orderer_X2 Orderer_X1 Linux Node_2 Orderer_X5 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 Orderer_X3 CA_X Raft © 2020 IBM Corporation
  20. 20. 20 データセンター_1が復旧、Orderer_X1, 2が再スタート、Raftによりデータ同期 Orderer の⾼可⽤性 (HA+) 3/3 OrgX Linux Node_1 Kubernetes File Storage Orderer_X4Orderer_X2 Orderer_X1 Linux Node_2 Orderer_X5 データ センター_1 Linux Node_3 File Storage Linux Node_4 データ センター_2 Linux Node_5 File Storage Linux Node_6 データ センター_3 Orderer_X3 CA_X RaftRaft © 2020 IBM Corporation
  21. 21. 21 • セマンティックバージョニング • Hyperledger Fabric Version Major.Minor.Patch (例: v2.2.0) • Patch版は後⽅互換性を維持してバグ修正したバージョン • Minor版は後⽅互換性を維持して機能追加したバージョン • Major版は互換性が保たれないバージョン • 新バージョンのリリースは、メーリングリスト、リリースノートで告知、Docで解説 • ネットワークに異なるバージョンの混在を許す • ローリングアップグレードが可能 • Application Capability, Channel Capability, Orderer Capability で新機能を有効化 • LTS (Long Term Support)版はリリースから1年以上のサポートをコミット • 2020年9⽉現在、v1.4, v2.2 がLTS • バグ修正はPatch版のリリースで対応 (例: v1.4.8) • バージョンアップはサービス無停⽌で⾏える • v1.4からv2.xのメジャーバージョンアップではPeerのデータベースフォーマットに変更があった ためデータベースの再構築が必要だが、バージョンアップはサービス無停⽌で⾏える Hyperledger Fabricのバージョン管理 © 2020 IBM Corporation
  22. 22. 22 ローリングアップグレードをサービス無停⽌で⾏う v1.4からv2.2へのバージョンアップ 1/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 Running Running Running Running Running Running v1 v1 v1 v1 © 2020 IBM Corporation
  23. 23. 23 Orderer_X1を停⽌する。Orderer_X2~5によりオーダリングサービスは継続される。 $ docker stop $ORDERER_CONTAINER v1.4からv2.2へのバージョンアップ 2/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 Running Stop Running Running Running Running v1 v1 v1 v1 © 2020 IBM Corporation
  24. 24. 24 Orderer_X1を削除する。削除する前に台帳データとMSPをバックアップする。 $ docker rm –f $ORDERER_CONTAINER v1.4からv2.2へのバージョンアップ 3/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.81.4.8 Running Running Running Running Running v1 v1 v1 v1 © 2020 IBM Corporation
  25. 25. 25 Orderer_X1をFabric v2.2のイメージとバックアップデータから開始する。Capabilityはまだ変更しない。 $ docker run hyperledger-orderer:2.2 orderer v1.4からv2.2へのバージョンアップ 4/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 2.2.0 1.4.8 Running Running Running Running Running Running v1 v1 v1 v1 © 2020 IBM Corporation
  26. 26. 26 同様にOrderer_X5まで順番にアップグレードする。この間、オーダリングサービスは継続される。 v1.4からv2.2へのバージョンアップ 5/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running Running Running v1 v1 v1 v1 © 2020 IBM Corporation
  27. 27. 27 Peer_A1を停⽌する。OrgAのエンドースメント処理はPeer_A2によって継続される。 $ docker stop $PEER_CONTAINER v1.4からv2.2へのバージョンアップ 6/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running RunningStop v1 v1 v1 v1 © 2020 IBM Corporation
  28. 28. 28 Peer_A1のデータベース(CouchDBのステートDB等)をドロップし、フォーマットをv2にする。 $ docker run hyperledger-fabric-peer:2.2 peer node upgrade-dbs v1.4からv2.2へのバージョンアップ 7/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 1.4.8 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running RunningStop v1 v1 v2 v1 © 2020 IBM Corporation
  29. 29. 29 Peer_A1を削除する。チェーンコードコンテナ、チェーンコードイメージ、ピアコンテナを削除する。 $ docker rm –f $PEER_CONTAINER V1.4からv2.2へのバージョンアップ 8/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running Running v1 v1 v2 v1 © 2020 IBM Corporation
  30. 30. 30 Peer_A1を Fabric v2.2のイメージから開始し、DBを再構築する。Capabilityはまだ変更しない。 $ docker run hyperledger-fabric-peer:2.2 peer node start v1.4からv2.2へのバージョンアップ 9/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 1.4.8 1.4.8 1.4.8 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running Running v1 v1 v2 v1 Peer_A1 2.2.0 Running © 2020 IBM Corporation
  31. 31. 31 同様にPeer_A2をアップグレードする。OrgAのエンドースメント処理はPeer_A1により継続される。 v1.4からv2.2へのバージョンアップ 10/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 2.2.0 2.2.0 1.4.8 1.4.8 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running RunningRunning v2 v2 v1 v1 © 2020 IBM Corporation
  32. 32. 32 同様にPeer_B1, 2をアップグレードする。OrgA, BのPeerアップグレードは並⾏して⾏える。 v1.4からv2.2へのバージョンアップ 11/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 2.2.0 2.2.0 2.2.0 2.2.0 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running RunningRunning v2 v2 v2 v2 © 2020 IBM Corporation
  33. 33. 33 Application capability, Channel capability, Orderer capability をv2.2へ更新する。 v1.4からv2.2へのバージョンアップ 12/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 2.2.2 2.2.2 2.2.2 2.2.2 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running RunningRunning v2 v2 v2 v2 © 2020 IBM Corporation
  34. 34. 34 Fabric CA サーバー、Node SDK クライアントをアップグレードする。 v1.4からv2.2へのバージョンアップ 13/13 サーバー Linux OrgA OrgX OrgB Linux サーバー Linux サーバー Peer_A1 HFC_A Peer_A2 CA_A Orderer _X1 CA_X Peer_B1 HFC_B Peer_B2 CA_B Orderer_X5 : 2.2.2 2.2.2 2.2.2 2.2.2 2.2.0 2.2.0 Running Running Running Running RunningRunning v2 v2 v2 v2 © 2020 IBM Corporation
  35. 35. 35 実装例︓IBM Blockchain Platform 3 5 Build シームレスな開発ツール Operate 直感的なコンソール オープンソース、標準、ガバナンス Kubernetes コンテナ仮想化と オーケストレーション マルチクラウド オンプレミス IBM Z • VSCode extension, CodeReady Workspaces • SDKs • プラットフォームへのゲートウェイ • Hyperledger Fabricコンポーネントの管理 • パッチとアップデートのライブ適⽤ • 参加者のガバナンスとスマートコントラクトの管理 35 intel aws vmware Azure Red Hat OpenShiftに最適化 © 2020 IBM Corporation
  36. 36. 36
  37. 37. 37
  38. 38. 38
  39. 39. 39
  40. 40. 40
  41. 41. 41
  42. 42. 42
  43. 43. 43
  44. 44. 44
  45. 45. 45
  46. 46. 46
  47. 47. 47 IBP for IBM Cloud アーキテクチャ IBM管理の クラスター お客様 アカウントの クラスター Cloud wizard (IBPプロビジョニング画⾯ コントロール) IBP コンソール IBP コンソール Tiller Ingress Ingress IBP コンソール… Proxy CA Peer Orderer Proxy A社のクラスター Tiller Ingress Proxy CA Peer Orderer A社または 他社のクラスター Ingress Proxy Tiller Ingress Proxy CA Peer Orderer A社または 他社のクラスター … ① ②③ ④ ⑤ ⑥ © 2020 IBM Corporation ブロックチェーン管理者クラウド管理者 アプリ 利⽤者
  48. 48. 48 IBP プロビジョニング後のカスタムリソース定義 Kubernetesダッシュボード © 2020 IBM Corporation
  49. 49. 49 構成例 東京02 worker1 worker2 worker3 File StorageKUBERNETES SERVICE Peer1 Peer2 CA CAPeer3 Orderer2Orderer1 Orderer3 LOG ANALYSIS WITH LOGDNA MONITORING WITH SYSDIG 永続ボリューム Argent Argent 監視系サービス Orderer5 Orderer4 © 2020 IBM Corporation
  50. 50. 50 マルチゾーン構成の場合の考慮ポイント • IBP for IBM Cloud はマルチゾーン対応可能 • 同⼀地域(リージョン)でマルチゾーンを選択(Tokyo02,Tokyo04,Tokyo05等) • ゾーンを跨いでBlockchainノードの⾃動ヒーリング機能を実装可能 • Peerは管理コンソールから構築時にゾーン指定して構築可能 • Orderer、CAはAPIからゾーン指定で構築可能 参考︓https://cloud.ibm.com/docs/services/blockchain?topic=blockchain-ibp-console-hadr-mr 東京02 東京04 東京05 Multizone-cluster worker1 worker2 worker1 worker2 worker1 worker2 Peer1 Orderer1 Orderer2 CA Orderer3 Peer2 Peer3 Orderer4 Orderer5 同じコンポーネントが同⼀ゾーンに偏ってしまわないようにゾーン指定配置が可能 © 2020 IBM Corporation
  51. 51. 51 バックアップ&リカバリー • IBM Blockchain Platform はKubernetes環境にデプロイされるので、バックアップは Kubernetesの永続ボリューム(persistent volume)をバックアップすることで取得できます。 • 安定したバックアップデータを取得するためにノードを停止する必要がありますが、これは Kubernetesのスケール機能を使って deployment のreplicaをゼロにすることで行います。 (kubectl scale deployment my-deployment --replicas=0) • バックアップを取得したら replica を1に戻してノードを再開します。(kubectl scale deployment my-deployment --replicas=1) • 永続ボリュームのバックアップとリストアはバックアップ・リストア用のツールがDockerイ メージ (ibmcloud-backup-restore) として提供されているのでこれをデプロイしてbackup pod を作成すると (kubectl apply -f backuppod.yaml) 対象ノードのポッドからデータがIBM Cloud Object Storageにバックアップされます。 • バックアップの詳細(ピアのポッドの永続ボリュームのPVC (persistent volume claim) な ど)はyamlファイルに指定します。 • リストアも同様に、ibmcloud-backup-restoreからrestore podを作成して(kubectl apply -f restorepod.yaml)IBM Cloud Object Storage からリストアします。リストアは全てのノード に対して行います。 参考︓ https://cloud.ibm.com/docs/blockchain?topic=blockchain-ibp-console-ha © 2020 IBM Corporation
  52. 52. 52 マルチクラウド(1) IBP on any Kubernetes © 2020 IBM Corporation
  53. 53. 53 マルチクラウド(2) IBP and Hyperledger Fabric © 2020 IBM Corporation
  54. 54. 54 まとめ • チームでDX (Digital Transformation) • Hyperledger Fabric のコンポーネント配置 • スケールアップ、スケールアウト • Peerの⾼可⽤性(HA) • Ordererの⾼可⽤性(HA) • バージョンアップ • 実装例︓IBM Blockchain Platform for IBM Cloud 参考︓ https://cloud.ibm.com/docs/blockchain?topic=blockchain-ibp-console-ha © 2020 IBM Corporation
  55. 55. © 2020 IBM Corporation

    Seja o primeiro a comentar

  • TsuyoshiHirayama

    Feb. 17, 2021

講演者 : 紫関 昭光 氏 日本アイ・ビー・エム株式会社 ブロックチェーン事業部/エグゼクティブITスペシャリスト 概要 : ① Hyperledger Fabricのスケールアップ、スケールアウト、② 高可用性 (HA)、③ バックアップ&リカバリー、④ v1.4.x から v2.x へのデータ変換と無停止バージョンアップの4項目つについて、Hyperledger Fabric を Kubernetes 上に導入した場合を中心にご説明します。 9月30日 オンライン開催 Hyperledger Tokyo Meetup にて講演

Vistos

Vistos totais

831

No Slideshare

0

De incorporações

0

Número de incorporações

279

Ações

Baixados

29

Compartilhados

0

Comentários

0

Curtir

1

×