O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

データアカデミー 指標作成型4

データ分析型からの派生
各種計画やプランの指標をそれでいいのか、ないなら新たに作るための研修。

実際の施策と合わせて考える費用対効果分析

  • Seja o primeiro a comentar

データアカデミー 指標作成型4

  1. 1. データアカデミー 指標作成型 第4回
  2. 2. アジェンダ 1. 前回のおさらい(5min) 5分 2. チーム内の情報共有(5min) 5分 3. 費用対効果を考える(60min) 60分 4. 住民への説明資料をまとめる(50min) 50分 5. プレゼン(50min) 50分 6. 講評(10min) 10分 Code for Japan 2
  3. 3. 前回のおさらい Code for Japan 3
  4. 4. 振り返り グラレコを入れる
  5. 5. 未来をロジックモデルの下につける • 完成した図表と結果を、ロジックモデルの1番下につける。 課題A 課題B 課題C 課題D 課題E 現在 図、表 現在 図、表 現在 図、表 現在 図、表 現在 図、表 5-10年後 図、表 5-10年後 図、表 5-10年後 図、表 5-10年後 図、表 5-10年後 図、表 ・○○計画 施策A ・▲▲計画 施策B ・XXアクションプラン 施策C ・○○計画 施策A ・▲▲計画 施策B ・XXアクションプラン 施策C ・○○計画 施策A ・▲▲計画 施策B ・XXアクションプラン 施策C ・○○計画 施策A ・▲▲計画 施策B ・XXアクションプラン 施策C ・○○計画 施策A ・▲▲計画 施策B ・XXアクションプラン 施策C H 前回のおさらい
  6. 6. 皆さんが最終的に作るもの • 総合計画のビジョンが達成できているのか住民の皆さんが 確認できる指標と表現方法を確定されることです。 総合計画から 目標・問題・課 題を確認 課題の原因とな る仮説とデータ 候補を確認 住民がわかりや すいデータ表 現・指標の確認 と分析・表示 5年後10年後の データ状態の確 認と政策の過不 足確認 今後必要なデー タ候補と表現の 確認 最終回では住民への報告を 想定した発表会をします!
  7. 7. チーム内の情報共有
  8. 8. チーム内の情報共有 9:05-9:10 • 宿題(Hのシート)について、チーム内で共有をお願いします。 1. 未来の図がかけないデータについては、何のデータが必要なのか どういうロジック(根拠)が必要なのかを考えて準備してくる。 2. 5-10年後指標に至らない場合、どんな施策が必要か考える。
  9. 9. 費用対効果を考える
  10. 10. 費用対効果とは • 「費用対効果」は、ある事業やサービスを実施した際の費用と、 効果を対比させた数値である。数値は、効果を費用で割ったも ので表す。 • 費用対効果は、費用の投入をやめると効果が出なくなるもの。 • 投資対効果は、将来の利益を期待し、投資するもの。 • 費用対効果は、単年度でみる場合と、複数年度でみる場合で 数値が変わる。その事業が、何年間で想定されているか、何年 間で費用回収する予定か、対象業務・サービスの確認をする。 • 1年限定の事業は、単年度で回収できる、効果が高い施策を確認する。 • 複数年度の事業は、各年度に発生する費用、各年度に回収する効果を 確認しながら、トータルでどのような結果になるか確認する。
  11. 11. 地方自治体法 • 地方自治体法第2条第14項 「地方公共団体は、その事務を処理するに当つては、住民の福 祉の増進に努めるとともに、最少の経費で最大の効果を挙げる ようにしなければならない。 」 • 今回は、事業評価方式のうち、事前評価について 費用対効果分析を実施する。
  12. 12. なぜ、費用対効果が必要となるのか? • サービスや施策は、複数案でてくるため、どちらの案がより効 果があるか確認する方法が必要となる。そのために利用される のが、費用対効果である。 • 例えば、とある施設を改修する場合、次の方が効果があるか? 検討に必要な条件を挙げてみよう。 1F 2F 3F 1、2年後に3階まで全て改装の後、一括共用。 2、8ヶ月ごとに1階、2階、3階と徐々に共用。 改装予定の施設
  13. 13. なぜ、費用対効果が必要となるのか? • 例えば、下記のような情報が必要となるでしょう。 • 各フロアーの改修費用 • 各フロアーの運用費(人件費、光熱費、など) • 各フロアーのサービスから回収できる効果 • 副次的な効果として、以下のようなことも考えられるでしょう。 • 施設の駐車場の有効活用 • 近隣商店への経済効果 • サービスや施策を実現させるために、どのように対応した方が よいか、複数案があるときに、何をポイントと優先順位をつけ るか、それを考えるために、費用対効果が利用されます。
  14. 14. EBPM (Evidence Based Policy Making) • 確かな根拠に基づく政策立案 • 自治体が所有するクローズドデータや民間のデータも利用し、政策立 案、政策実行、モニタリングにデータを活用し、コスト検討・リソー ス配分をする。政策のモニタリングのために、KPI(指標)を設定し、 効果も把握する。 政策立案 政策実施 モニタ リング 庁内データ KPI設定 KPI確認 効 果 フィードバック フィードバック ここが足りていなかったことは 第1回〜第4回で判明
  15. 15. 効果算出の考え方
  16. 16. 効果の考え方 • 効果とは何か • 「効果」は、一般的にある特定の行為、動作、操作によって 起こった、ある特定の好ましい現象をいう。 ※「効果」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。 2017年12月9日11時(日本時間)現在での最新版を取得。 • 効果には下記の3種類がある。 • 定量的効果:数値で表現できる効果 • 利用回数、料金収入、削減時間、○○率 • 定性的効果:数値で表現できない効果 • 使いやすさ、Webの見易さ、印象、住みやすさ、子育てしやすさ • 評価項目:効果を算定するため必要となる対象、指標 No. 種類 内容 1 新規の効果 業務やサービスを新たに追加した際に得られる 2 改善の効果 業務やサービスを改善した際に得られる 3 削減の効果 業務やサービスをやめた際に得られる
  17. 17. 定性的効果は定量的効果に変える • 定性的データは、定量的効果に分解できないか考える。 • 例:「住みやすさ」を定量的効果に分解する。 • 地域のイベント数、イベント参加率、市民一人当たりの公園面積、可処分所得、 労働時間・・・など。 • 効果算出のために利用するため、統計資料で入手できない項目は、市民アンケー トや、イベント主催者からの情報なども入手できるよう検討する。 • 例:「使いやすさ」を定量的効果に分解する。 • 現行業務フローと、改善業務フローをシュミレートし1回あたりの オペレーション時間の短縮時間を効果とする。例えば、今まで手作業で 行なっていたものが、システム化された場合の差を表現する。 • 利用率、リピート率が上昇しているかを確認することで、差分を効果 として捉える。例えば、窓口対応と、電子申請があった場合、電子申請の 利用率、リピート率が向上していることを確認し評価項目とする。
  18. 18. 定性的効果は定量的効果に変える • システムの使いやすさを数値で表現する • 例:Webシステムを更新する際に、「使いやすい」を数値的に表す。 • xxクリック以内で、サイト内の各申請ページまで誘導する。 • ページ内の回遊時間がxx時間以内で完了する。
  19. 19. 効果を考える • 足りていない部分をどのような施策で効果にするのか考える 対策が足りて いない課題 例:中小小売の キャッシュレス対応 が進んでいない 数値的に足りな いものは? 【何人】 数値的に足りな いものは? 【何回】 数値的に足りな いものは? 【何%】 数値的に足りな いものは? 【その他】 ・やるべき施策 ・どうして数字に効き目がでるか 例:10地区200人ずつ研修すれば2000人と なり、全体のxx%を達成するから ・やるべき施策 ・どうして数字に効き目がでるか 例:導入率を5%あげるために、商店街連 合会の4割に説明会をする(説明時の加入率 は20%) ・研修回数 ・説明時加入率 ・説明会回数 【達成確認指標】 これを達成すれば 効果がでるもの 【実施施策】 【不足しているもの】 対策が不足している課題について、実施課題が不足している数値に紐付いているか 実施施策が成功しているか確認するための指標は何か
  20. 20. 費用の考え方 • 費用とは何か • 費用とは、生産や取引などの経済活動に伴って支払う金銭である。 ※「費用」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』(http://ja.wikipedia.org/)。 2017年12月9日11時(日本時間)現在での最新版を取得。 • 人件費、外注費、輸送費、賃料、部材購入、修繕費、広告費、ライセ ンス料、通信料、リース料・・・・など、時間(人件費やリース料) や支払いを伴う活動。 • 費用の発生タイミング • 費用の種類 No. 種類 内容 1 イニシャルコスト (初期費用) サービスを始める際に必要となる費用。また、稼働までの間に必要と なる費用。 2 ランニングコスト サービス開始から、必要となる光熱費や各種消耗品代、人件費、家賃、 修繕費など定期的に必要な費用。 No. 種類 内容 1 固定費用 家賃、通信料など、毎月/毎年固定費となるもの 2 変動費用 電気光熱費、広告費、消費財の購入など、利用によって変動するもの
  21. 21. データ 分類 初期費用 継続費用 買う 作る/調べ る 作る/調べ る 費用を考える • 実施施策と、数値を購入・作る場合の費用を考える ・やるべき施策 ・どうして数字に効き目がでるか 例:10地区200人ずつ研修すれば2000人と なり、全体のxx%を達成するから 【実施施策】 【不足データ】 方式別の キャッシュ 列利用率 一人当たり のコミュニ ティ参加率 分類 人 物 情報/サービス 固定費 変動費
  22. 22. 住民への説明資料をまとめる
  23. 23. 【7つのテーマのビジョン】 【目標】 【課題】 ① ② ③ ④ ⑤ ギ ャ ッ プ 【問題】 【現在の状況】 【5-10年後】 【不足データ・施策】 対策可能(黒)対策不可(赤) 図表 図表 図表 図表 図表 図表 【①仮説1】 【①仮説2】 【②仮説1】 費用対効果も 加味して可能/不可を 決める
  24. 24. 今後データ利活用をするために 【データ利活用の各Stepでうまくいかなかったこと】 【今後地域で行う際に必要なこと】 • データ: • ルール: • 検討方法: ①仮説 現状分析 ②対象 データ 確認 ③分析 手法検討 ④データ 分析 ⑤ 評価 ⑥ 政策検討 ⑦ 効果指標
  25. 25. プレゼン Code for Japan 25
  26. 26. 住民へのプレゼン • 各チーム5分でプレゼンをお願いします。 • 入れ替えの時間は、90秒でお願いします。 • 他チームの発表も確認しフィードバックをTeams内の コメントして残してください。 • 最後に講評として 10分間準備しています。

    Seja o primeiro a comentar

  • sayokoshimoyama

    Jun. 5, 2021

データ分析型からの派生 各種計画やプランの指標をそれでいいのか、ないなら新たに作るための研修。 実際の施策と合わせて考える費用対効果分析

Vistos

Vistos totais

187

No Slideshare

0

De incorporações

0

Número de incorporações

0

Ações

Baixados

2

Compartilhados

0

Comentários

0

Curtir

1

×