O slideshow foi denunciado.
Utilizamos seu perfil e dados de atividades no LinkedIn para personalizar e exibir anúncios mais relevantes. Altere suas preferências de anúncios quando desejar.

受託開発時におけるAWSクラウド活用術

13.633 visualizações

Publicada em

2014年10月30日 「AWS Cloud Roadshow 2014 札幌」のセッションで使用したスライドです。

Publicada em: Software
  • Entre para ver os comentários

受託開発時におけるAWSクラウド活用術

  1. 1. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 受託開発時における AWS クラウド活用術 2014-10-30 札幌事業所
  2. 2. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 2 自己紹介 (株)アグレックス 札幌事業所 ・AWSグループ マネージャー ・2010年~AWSユーザー ・AWS Certified Solution Architect (Associate) SysOps Administrator (Associate) JAWS-UG 札幌支部 代表 好きなAWSサービス : Cost Explorer 古山 浩司 (Hiroshi Koyama) (AWS User Group Japan)
  3. 3. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 1985開設 ~現在80人 3 AGREX(札幌事業所)とは 東北/ 関東/関西 2300人 BPO (Business Process Outsourcing) SS (Software Solution) SI (System Integration) データ入力から電話対応、 DM発送まで一括受託 独自のデータベースと 便利なソフトを融合 お悩みごとに オーダーメイド対応 札幌事業所の主要業務 =SI + AWS環境構築・運用 (2013~) APN スタンダード コンサルティング パートナー (2014登録) 3つの事業を効果的に組み合わせた ワンストップサービスを提供 約30社のお客様 (2014年8月現在)
  4. 4. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 4 今日お話しすること AWSで思い浮かぶのは、ユーザー企業の華やかな成功事例… でも、受託開発チームだってAWSを使えば良いことは色々あります。 という一見地味 (でも道内IT業界にとってはわりと大事な) お話しです。 1. いわゆる受託開発における開発環境 2. サービス型受託開発の基盤 3. 開発プロジェクトでAWSを利用する際のTips
  5. 5. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 5 1. 受託開発における開発環境
  6. 6. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 6 受託開発プロジェクト プロジェクト A 開発用環境
  7. 7. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 7 開発用環境のジレンマ 時間 (days) 維持コスト (¥/day) 本番稼働 ▲ 開発 スタート ▲ 不具合 発覚 無駄な コスト ▲ 追加開発 もし、に備えて 捨てられない
  8. 8. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 8 プロジェクト毎に増える一方! プロジェクト A プロジェクト B プロジェクト C プロジェクト D プロジェクト E プロジェクト F プロジェクト G プロジェクト H
  9. 9. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 9 オンプレでの解決策 仮想化基盤 VM VM VM VM A用 領域 B用 領域 C用 領域 … Step.2 集合住宅化 Step.1 ルームシェア これで十分か…?
  10. 10. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 10 オンプレでの限界 共同生活ゆえの微妙な関係 ・自分勝手はNG (Ver.UP、設定変更、再起動、占拠) ・プライバシー (セキュリティ) 運命共同体のリスク ・いつかは必ず壊れる…しかも一斉に。 ・複雑怪奇になっていて、復旧は相当難儀。 貧弱な環境 ・開発効率はどうなる? ・テスト出来ても、それで本当に大丈夫? ・少なくとも「ステージング」としては用を成さない 仮想環境で集積度を上げたとしても、 分かっていても、「無い袖は振れない。。」
  11. 11. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 11 AWSで解決!
  12. 12. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 12 AWSなら、費用は「使った分だけ」 時間 (days) 維持コスト (¥/day) ▲ 開発スタート ▲ 追加開発 停止しておけば (ほぼ)コスト0 スケールダウン で節約! ▲ 本番稼働 必要時のみ スケールアップ large medium small
  13. 13. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 13 AWSなら、費用は「使った分だけ」 時間 (days) 維持コスト (¥/day) ▲ 開発スタート ▲ 追加開発 ▲ 本番稼働 自動ON/OFFで さらにコストダウン!
  14. 14. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 14 AWSなら、いつでも、すぐに、好きなだけ 案件A 案件B 案件C ▼ 開発 本番 ▲ AP with DB AP DB DB Load Balancer AP ・初期コストゼロ ・最小限の維持コスト ・セルフサービス ・無限のリソース ・破棄コストゼロ だからこそ可能に!
  15. 15. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 15 ”開発環境 on AWS” がもたらす変革 リッチな開発環境 ・従来諦めざるをえなかった、理想の姿 ・本番を忠実にシミュレートしたテスト ・セキュリティも担保しやすい メンテナンスフリー ・物理的な劣化を気にする必要なし ・ライセンス関連もAWS任せでOK SI的「三現主義」 ・数多くの実験による裏付け ・失敗を恐れる必要なし ・やりたいことは存分に!
  16. 16. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 16 2. サービス型受託開発基盤
  17. 17. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 17 アプリもインフラも、開発~運用までフルマネージドサービス サービス型受託開発…たとえば
  18. 18. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. A社用 18 顧客指向なデモ環境 B社用 C社用 標準デモ クローンして 各社専用デモ環境 見込顧客 A 見込顧客 B 見込顧客 B 業態別にカスタマイズ⇒ 商談中のフィードバックを都度反映⇒ オプションON/OFFの変更⇒ AMI
  19. 19. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 開発環境 19 全てはAWS内で完結 ステージング環境 本番環境 デモ環境 micro 商談 開発 テスト 本番 small micro micro medium large
  20. 20. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 20 多種多様な部品 …等々 開発者視点の絶妙な粒度で作られたサービス群
  21. 21. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 21 受託開発 + サービス への進出 オンプレミスの時代、 ”サービス” ビジネスは「装置産業」 ⇒ 資金、物量、人、等のリソースを有する、 限られた人々のみに許されたビジネス AWS=最強のレバレッジ装置! AWSによって、 無限のリソースがあらゆる人々の手中に。 環境構築や運用はAPIで自動化。 ⇒ 地方の開発者にとっては、またとないチャンス!
  22. 22. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 22 3. AWSを利用する際のTips
  23. 23. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 23 開発用途に最適なt2ファミリー CPU性能のベースラインを抑えて低コストとする代わり、 ・短時間なら1コア相当のフルパワーを発揮 (バースト) ・余力は自動的にチャージされ(クレジット)、バーストの原資に CPU利用率 クレジット残高 アイドル フルパワー 制限中 ベースライン
  24. 24. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 24 VPN / DX(専用線) で外界から隔離 DMZ ↑ private subnet DX(専用線) 外部への 唯一の経路 VPN 安い 速い
  25. 25. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 25 AWSアカウントにはMFA(多要素認証)を適用 Step1:ログインパスワード Step2:6桁認証コード(30秒間有効) ログイン成功!
  26. 26. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 26 (参考) MFAデバイス ハードウェアMFAデバイス http://onlinenoram.gemalto.com/ - アカウント毎に1個必要 バーチャルMFA Google認証システム - 無料 - 複数アカウントOK トークン 1個 $12.99 カード型 1個 $19.99
  27. 27. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 27 プロジェクト別のコスト分配は、タグ付けで pj-code別に把握できる CSVも可 リソースに タグを付与
  28. 28. Copyright © 2014 AGREX INC. All rights reserved. 28 まとめ AWSのメリットは開発プロジェクトでも ・AWSはユーザー企業だけのものではない。 ・直接的コストのみならず、間接的効果も計り知れず。 (品質、性能、作業効率、…etc.) ・セキュリティや信頼性も実質的にオンプレ以上。 ”サービス” 進出を狙うなら ・まずは開発プロジェクトでAWSを体験。 ・スピード感や、制約からの解放感を味わえるはず。 ・開発者のモチベーション起爆剤になること確実。 ・AWSがあれば、首都圏/地方、大手/中小、関係なし!
  29. 29. THANK YOU

×